今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

JSON JDBC ドライバーでOBIEE レポートとデータ連携

エンタープライズ全体にリアルタイムのレポートを提供するために、OBIEE にJSON JDBC ドライバーをデプロイします。

CData JDBC driver for JSON は、JSON services データ連携をJava ベースのレポートサーバーにから実現する標準データベースドライバーです。ここでは、ドライバーをOracle Business Intelligence Enterprise Edition(OBIEE )にデプロイし、リアルタイムJSON services レポートを作成する方法を説明します。

JDBC ドライバーをデプロイ

Follow the steps below to add the JDBC driver to WebLogic's classpath.

For WebLogic 12.2.1, simply place the driver JAR and .lic file into DOMAIN_HOME\lib; for example, ORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\lib.These files will be added to the server classpath at startup.

You can also manually add the driver to the classpath:This is required for earlier versions.Prepend the following to PRE_CLASSPATH in setDomainEnv.cmd (Windows) or setDomainEnv.sh (Unix).This script is located in the bin subfolder of the folder for that domain.For example:ORACLE_HOME\user_projects\domains\MY_DOMAIN\bin.

set PRE_CLASSPATH=your-installation-directory\lib\cdata.jdbc.json.jar;%PRE_CLASSPATH%

Restart all servers; for example, run the stop and start commands in DOMAIN_HOME\bitools\bin.

JSON のJDBC データソースを作成

After deploying the JDBC driver, you can create a JDBC data source from BI Publisher.

  1. Log into BI Publisher, at the URL http://localhost:9502/analytics, for example, and click Administration -> Manage BI Publisher.
  2. Click JDBC Connection -> Add Data Source.
  3. Enter the following information:
    • Data Source Name:Enter the name that users will create connections to in their reports.
    • Driver Type:Select Other.
    • Database DriverClass:Enter the driver class, cdata.jdbc.json.JSONDriver.
    • Connection String:Enter the JDBC URL.

      データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

      DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

      • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
      • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
      • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

      リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

      ビルトイン接続文字列デザイナー

      For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the JSON JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

      java -jar cdata.jdbc.json.jar

      Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

      When you configure the JDBC URL, you may also want to set the Max Rows connection property.This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

      A typical JDBC URL is below:

      jdbc:json:URI=C:\people.json;DataModel=Relational;
    • Username:Enter the username.
    • Password:Enter the password.
  4. In the Security section, select the allowed user roles.

リアルタイムのJSON レポートを作成

You can now create reports and analyses based on real-time JSON services.Follow the steps below to use the standard report wizard to create an interactive report that reflects any changes to JSON services.

  1. On the global header, click New -> Data Model.
  2. On the Diagram tab, select SQL query in the menu.
  3. Enter a name for the query and in the Data Source menu select the JSON JDBC data source you created.
  4. Select standard SQL and enter a query like the following: SELECT [people].[personal.age] AS age, [people].[personal.gender] AS gender, [people].[personal.name.first] AS first_name, [people].[personal.name.last] AS last_name, [vehicles].[model], FROM [people] JOIN [vehicles] ON [people].[_id] = [vehicles].[people_id]
  5. Click View Data to generate the sample data to be used as you build your report.
  6. Select the number of rows to include in the sample data, click View, and then click Save As Sample Data.
  7. Click Create Report -> Use Data Model.
  8. Select Guide Me and on the Select Layout page select the report objects you want to include.In this example we select Chart and Table.
  9. Drop a numeric column like [ personal.name.last ] onto the Drop Value Here box on the y-axis.Drop a dimension column like [ personal.name.first ] onto the Drop Label Here box on the x-axis.
  10. Click Refresh to pick up any changes to the JSON services.
 
 
ダウンロード