今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for JSON を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Tableau からJSON にJDBC Driver で連携してビジュアライズ

Tableau からリアルタイムJSON データに連携してビジュアライズ。

CData Drivers for JSON を使って、BI・ビジュアライズツールのTableau からJSON データをノーコードで連携して利用できます。この記事では、CData JDBC Driver for JSON を使います。Tableau はJDBC だけでなく、ODBC を使った連携(ODBC での記事はこちら)も可能です。JDBC は、Windows 版のTabelau でもMac 版のTableau でも同じように使えるのが特徴です。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Tabelau からJSON データへの接続を確立

Tableau での操作の前に.jar ファイルを以下のパスに格納します:

  • Windows: C:\Program Files\Tableau\Drivers
  • MacOS: ~/Library/Tableau/Drivers

.jar ファイルを配置したら、JSON への接続をせていします。

  1. Tableau を開きます。
  2. [データ]->[新しいデータソース]を開きます。
  3. [その他のデータベース(JDBC)]をクリックします。
  4. URL にJDBC 接続文字列を入力します。
  5. データソースへの認証については、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。本製品は、JSON API を双方向データベーステーブルとして、JSON ファイルを読み取り専用ビュー(ローカル ファイル、一般的なクラウドサービスに保存されているファイル、FTP サーバー)としてモデル化します。HTTP Basic、Digest、NTLM、OAuth、FTP などの主要な認証スキームがサポートされています。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    URI を設定して認証値を入力したら、DataModel を設定してデータ表現とデータ構造をより厳密に一致させます。

    DataModel プロパティは、データをどのようにテーブルに表現するかを制御するプロパティで、次の基本設定を切り替えます。

    • Document(デフォルト):JSON データのトップレベルのドキュメントビューをモデル化します。本製品 は、ネストされたオブジェクト配列を集約されたJSON オブジェクトとして返します。
    • FlattenedDocuments:ネストされた配列オブジェクトと親オブジェクトを、単一テーブルに暗黙的に結合します。
    • Relational:階層データから個々の関連テーブルを返します。テーブルには、親ドキュメントにリンクする主キーと外部キーが含まれています。

    リレーショナル表現の設定についての詳細は、ヘルプドキュメントの「JSON データのモデリング」を参照してください。また、以下の例で使用されているサンプルデータも確認できます。データには人や所有する車、それらの車に行われたさまざまなメンテナンスサービスのエントリが含まれています。

    JDBC Driver の接続文字列デザイナーを使う

    JDBC 接続文字列を作るには、JSON JDBC Driver のビルトイン接続文字列デザイナーを使う方法があります。ドライバーの.jar ファイルをダブルクリックするか、コマンドラインから.jar ファイルを実行します。

    Windows:

    java -jar 'C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for JSON 2019\lib\cdata.jdbc.json.jar'

    MacOS:

    java -jar cdata.jdbc.json.jar

    接続プロパティに値を入力して、生成される接続文字列をクリップボードにコピーします。

    JDBC URLを設定する際には、Max Rows プロパティを設定することをお勧めします。これにより取得される行数が制限され、パフォーマンスを向上させます。

    デザイナーで生成されるJDBC URL のサンプル:

    jdbc:json:URI=C:\people.json;DataModel=Relational;
  6. 方言:SQL92
  7. サインインをクリックします。
  8. 接続エラーの場合には、Java がダウンロードされていない場合、Java が64bit マシン用ではなく32bit 用である、などの場合がありますので確認をお願いします。

スキーマ検出とデータのクエリ

  1. [データベース]のドロップダウンで、CData を選択します。
  2. [スキーマ]で、[CData]を選択します。
  3. テーブルをJOIN エリアにドラッグします。複数のテーブルを選択することも可能です。
  4. [今すぐ更新]か[自動更新]を選択します。[今すぐ更新]では、はじめの1000行のデータをプレビューで取得します(もしくは表示行を指定するボックスに取得する行数を指定可能 )。[自動更新]では、自動的にデータを取得してプレビューに表示します。
  5. [接続]メニューでは、[ライブ]もしくは[抽出]を選択します。常にリアルタイムデータを扱いたい場合には、[ライブ]を選択します。
  6. ワークシートのタブを開きます。CData Driver は、カラム情報やデータ型情報を自動的に検出するので、取得したJSON データのカラムはディメンションとメジャーに分けてリスト表示されます。
  7. デイメンションやメジャーを列・行のフィールドにドロップして、ビジュアライズを作成します。

CData JDBC Driver for JSON をTabelau で使うことで、ノーコードでJSON データをビジュアライズできました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。

 
 
ダウンロード