QlikView でKingdee K3 WISE データにODBC 接続で連携してビジュアライズ

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Kingdee K3 WISE ODBC Driver

Kingdee K3 WISE ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションから金蝶(Kingdee) K3 WISE のリアルタイムデータ連携を実現するパワフルなツールです。

RDB にアクセスするときと同感覚で金蝶(Kingdee) K3 WISE にアクセスし、標準ODBC Driver インターフェースを通じてデータ取得可能に。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Kingdee K3 WISE を使ってQlikView でデータビジュアライゼーションを作成


ODBC



CData ODBC drivers は、幅広い種類のデータソースのデータを扱うことを可能にします。この記事では、Kingdee K3 WISE に接続してQlikView でデータビジュアライゼーションを作成する簡単な手順を説明します。

Kingdee K3 WISE データをチャートに連携

下記の手順では、SQL クエリ結果をQlikView のビジュアライゼーションに提供します。 この記事では、次のクエリを使って棒グラフを作成します:

SELECT UUID, NAME FROM Account WHERE Contact = 'FALSE'

    未指定の場合は、初めにODBC DSN (data source name) で接続プロパティを指定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC Data Source Administrator を使用して、ODBC DSN を作成および構成できます。

    接続するには、以下を設定します。

    • URL:Kingdee のルートURL。例えば、Kingdee 13.1 のURL はホストのIP です。
    • AccountId:Kingdee のAisID(アカウントのセットのId)。
    • User:Kingdee に接続するユーザー。
    • Password:ユーザーのパスワード。

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

  1. ツールバーで[Edit Script]ボタンをクリックして接続を追加します。
  2. [Data]タブの[Database]メニューから[ODBC]を選択して[Connect]をクリックします。
  3. ダイアログが表示されたら、[DSN]を選択します。次のようなコマンドが生成されます: ODBC CONNECT TO [My DSN];
  4. [Select]をクリックして[SELECT statement]ウィザードでクエリをビルドします。あるいは、SQL コマンドを使ってクエリを直接スクリプトに入力できます。
  5. スクリプトエディタを閉じてドキュメントをリロードし、スクリプトを実行します。
  6. [Tools]>[Quick Chart Wizard]をクリックします。ウィザードでチャートの種類を選択します。この例では棒グラフを使います。
  7. [First Dimension]メニューでUUID を選択します。
  8. 必要なサマリー機能をクリックし、メニューでNAME を選択します。
  9. ウィザードを終了してチャートを生成します。