Ready to get started?

Learn more about the CData JDBC Driver for kintone or download a free trial:

Download Now

Apache Spark でKintone Data をSQL で操作

CData JDBC ドライバーを使用して、Apache Spark でKintone Data にデータ連携。

Apache Spark は大規模データ処理のための高速で一般的なエンジンです。CData JDBC Driver for Kintone と組み合わせると、Spark はリアルタイムKintone data にデータ連携して処理ができます。ここでは、Spark シェルに接続してKintone data をクエリする方法について説明します。

CData JDBC Driver は、最適化されたデータ処理がドライバーに組み込まれているため、リアルタイムKintone data と対話するための高いパフォーマンスを提供します。Kintone に複雑なSQL クエリを発行すると、ドライバーはフィルタや集計など、サポートされているSQL操作を直接Kintone にプッシュし、組込みSQL エンジンを使用してサポートされていない操作(SQL 関数やJOIN 操作)をクライアント側で処理します。組み込みの動的メタデータクエリを使用すると、ネイティブデータ型を使用してKintone data を操作して分析できます。

CData JDBC Driver for Kintone をインストール

CData JDBC Driver for Kintone インストーラをダウンロードし、パッケージを解凍し、JAR ファイルを実行してドライバーをインストールします。

Spark Shell を起動してKintone Data に接続

  1. Open a terminal and start the Spark shell with the CData JDBC Driver for Kintone JAR file as the jars parameter: $ spark-shell --jars /CData/CData JDBC Driver for Kintone/lib/cdata.jdbc.kintone.jar
  2. With the shell running, you can connect to Kintone with a JDBC URL and use the SQL Context load() function to read a table.

    &service; に接続するには、&rpUser; および&rpPassword; を設定します。さらに、&rpUrl; を設定します。例:https://yoursitename.cybozu.com またはhttps://yoursitename.kintone.com。

    組み込みの接続文字列デザイナー

    For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the Kintone JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

    java -jar cdata.jdbc.kintone.jar

    Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

    scala> val kintone_df = spark.sqlContext.read.format("jdbc").option("url", "jdbc:kintone:Username=myuseraccount;Password=mypassword;URL=http://subdomain.domain.com;GuestSpaceId=myspaceid;ApiToken=MyApiToken").option("dbtable","Comments").option("driver","cdata.jdbc.kintone.KintoneDriver").load()
  3. Once you connect and the data is loaded you will see the table schema displayed.
  4. Register the Kintone data as a temporary table:

    scala> kintone_df.registerTable("comments")
  5. Perform custom SQL queries against the Data using commands like the one below:

    scala> kintone_df.sqlContext.sql("SELECT Name, Description FROM Comments WHERE AppId = 1354841").collect.foreach(println)

    You will see the results displayed in the console, similar to the following:

Using the CData JDBC Driver for Kintone in Apache Spark, you are able to perform fast and complex analytics on Kintone data, combining the power and utility of Spark with your data.Download a free, 30 day trial of any of the 200+ CData JDBC Drivers and get started today.

 
 
ダウンロード