Power Automate を使用してLDAP データを自動化されたタスクに統合

詳細情報をご希望ですか?

製品について詳細情報や無償トライアルをご案内します:

CData Connect



CData Connect Cloud を使用してLDAP データの仮想SQL Server データベースを作成し、ライブLDAP データをPower Automate (Microsoft Flow) タスクに統合します。

Power Automate(Microsoft Flow)は、一般的なアプリとサービスのイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボードなどのためにLDAP データにクラウド間でアクセスできます。この記事では、Power Automate からConnect Cloud に接続し、ライブLDAP データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、純粋なSQL のクラウド間インターフェースをLDAP に提供し、データを複製することなくPower Automate からライブLDAP データに簡単に統合できるようにします。Power Automate はCData Connect Cloud をSQL Server データベースのように認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をLDAP に直接プッシュし、サーバーサイドの処理を利用して、LDAP データを素早く返します。

LDAP データの仮想SQL データベースを作成する

CData Connect Cloud は、簡単なポイントアンドクリックインターフェースを使用してデータソースに接続し、API を生成します。

  1. Connect Cloud にログインし、[Databases]をクリックします。
  2. [Available Data Sources]から[LDAP]を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、LDAP に接続します。

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。
  4. Test Database ]をクリックします。
  5. [Privileges]->[ Add]とクリックし、適切な権限を持つ新しいユーザー(または既存のユーザー)を追加します。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してLDAP データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [Data]->[Connections]->[New connection]とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて

    • Authentication Type を"SQL Server Authentication" に設定します。
    • SQL server name をConnect Cloud インスタンスのアドレスに設定します。(myinstance.cdatacloud.net
    • SQL database name を以前作成したLDAP の名前(ldapdb など)に設定します。
    • UsernamePassword を設定し、[Create]をクリックします。

LDAP データをPower Automate Tasks に統合する

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブLDAP データをPower Automate タスクに統合する事ができるようになります。

  1. Power Automate にログインします。
  2. [My flows]->[New]とクリックし、空白またはテンプレートからフローを作成することを選択します。
  3. SQL Server アクション(Get rows など)を追加または構成し、Connect Cloud 接続に接続するようにアクションを構成します。
  4. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  5. フォローしてテストするアクションを構成し、フォローを保存します。

クラウドアプリケーションからLDAP データへのSQL アクセス

Power Automate タスクからライブLDAP データへの直接接続ができるようになりました。これで、LDAP データを複製することなくより多くの接続とワークフローを作成してビジネスを加速できます。

クラウドアプリケーションから直接230+ SaaS 、Big Data 、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。