今すぐお試しください!

製品の詳細CData FireDAC Components for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Build a Simple VCL Application for LDAP Objects

How to build a simple VCL Application to view LDAP objects in RAD Studio using the CData FireDAC Components for LDAP.

Embarcadero RAD Studio provides a development environment for Delphi and C++Builder applications. With the CData FireDAC Components for LDAP, you gain access to live LDAP objects within RAD Studio, abstracting the data into tables, views, and stored procedures that can be used to both retrieve and update LDAP objects. This article will walk through connecting to LDAP and creating a simple VCL application with the Form Designer.

Creating a VCL Application for LDAP Objects

The following instructions show how to use the Form Designer to create a simple VCL Forms application that shows the basic FireDAC objects needed to connect to LDAP from any application.

The following example populates a TDBGrid control.

  1. Create a new VCL Forms Application.
  2. Drop a TFDPhysLDAPDriverLink and TFDConnection object onto the form.
  3. Double-click the TFDConnection object. The FireDAC Connection Editor is displayed. Select "CData.LDAP" in the DriverId menu and configure the connection properties.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

  4. Drop a TFDQuery object onto the form and set the properties below:

    • Connection - Set this property to the TFDConnection object, if this object is not already specified.
    • SQL - Click the button in the SQL property and enter a query.
    • Active - Set this property to true.
  5. Drop a TDataSource object onto the form and set the following property:

    • DataSet - In the menu for this property, select the name of the TFDQuery object.
  6. Drop a TDBGrid control onto the form and set the following property:

    • DataSource - Select the name of the TDataSource.
  7. Drop a TFDGUIxWaitCursor onto the form. This is required to avoid a run-time error.

You now have an executable application that displays the results of the SQL Query set in the TFDQuery object.

 
 
ダウンロード