Connect to LDAP Objects in DBeaver

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

LDAP JDBC Driver

LDAP ディレクトリサービスを組み込んだパワフルなJava アプリケーションを短時間・低コストで作成して配布できます。



Manage LDAP objects with visual tools in DBeaver like the query browser.

The CData JDBC Driver for LDAP implements JDBC standards that enable third-party tools to interoperate, from wizards in IDEs to business intelligence tools. This article shows how to connect to LDAP objects with wizards in DBeaver and browse data in the DBeaver GUI.

Create a JDBC Data Source for LDAP Objects

Follow the steps below to load the driver JAR in DBeaver.

  1. Open the DBeaver application and, in the Databases menu, select the Driver Manager option. Click New to open the Create New Driver form.
  2. In the Driver Name box, enter a user-friendly name for the driver.
  3. To add the .jar, click Add File.
  4. In the create new driver dialog that appears, select the cdata.jdbc.ldap.jar file, located in the lib subfolder of the installation directory.
  5. Click the Find Class button and select the LDAPDriver class from the results. This will automatically fill the Class Name field at the top of the form. The class name for the driver is cdata.jdbc.ldap.LDAPDriver.
  6. Add jdbc:ldap: in the URL Template field.

Create a Connection to LDAP Objects

Follow the steps below to add credentials and other required connection properties.

  1. In the Databases menu, click New Connection.
  2. In the Create new connection wizard that results, select the driver.
  3. On the next page of the wizard, click the driver properties tab.
  4. Enter values for authentication credentials and other properties required to connect to LDAP.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

    Below is a typical connection string:

    jdbc:ldap:User=Domain\BobF;Password=bob123456;Server=10.0.1.1;Port=389;

Query LDAP Objects

You can now query information from the tables exposed by the connection: Right-click a Table and then click Edit Table. The data is available on the Data tab.