今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Enable the CData JDBC Driver for LDAP in KNIME

Use standard data access components in KNIME to create charts and reports with LDAP objects.

One of the strengths of the CData JDBC Driver for LDAP is its cross-platform support, enabling integration with major BI tools. Follow the procedure below to access LDAP objects in KNIME and to create a chart from LDAP objects using the report designer.

Define a New JDBC Connection to LDAP Objects

  1. If you have not already done so, install the Report Designer extension: Click File -> Install KNIME Extensions, and filter on "Report".
  2. In a new workflow, click File -> Preferences and expand the KNIME -> Database Driver nodes to add cdata.jdbc.ldap.jar. The driver JAR is located in the lib subfolder of the installation directory.
  3. In the Node Repository view, expand the Database node and drag a Database Reader onto the workflow editor.
  4. Double-click the Database Reader and set the following properties:

    • Database Driver: In the menu, select the CData JDBC driver.
    • Database URL: Enter the connection properties. The JDBC URL begins with jdbc:ldap: and is followed by a semicolon-separated list of connection properties.

      リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、高度な設定 を参照してください。

        基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
      • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
      • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
      • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
      • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

      A typical JDBC URL is below. jdbc:ldap:User=Domain\BobF;Password=bob123456;Server=10.0.1.1;Port=389;

    • User Name: The username used to authenticate.
    • Password: The password used to authenticate.
    • SQL Statement: Enter an SQL query in the SQL Statement box or double-click a table. This article uses the query below to create a chart: SELECT Id, LogonCount FROM User
  5. Test the connection by clicking Fetch Metadata.

  6. Connect the Database Reader to a Data to Report node to supply the dataset to a range of data visualization controls. Click Execute and then click Edit Report at the top of the workflow to open the report designer perspective.
  7. You can now generate reports based on live data. To create a chart, drag the chart control from the palette to the report designer. In the resulting wizard, you can use the filtering and aggregation controls available in KNIME.
 
 
ダウンロード