今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Pentaho Report Designer にLDAP データに連携して分析

Pentaho BI ツールでLDAP のレポートを作成。



CData JDBC Driver for LDAP はダッシュボードや帳票ツールからリアルタイムLDAP データへの連携を可能にします。この記事では、LDAP をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でLDAP を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいLDAP 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:ldap: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

        基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
      • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
      • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
      • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
      • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:ldap:User=Domain\BobF;Password=bob123456;Server=10.0.1.1;Port=389;
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.ldap.LDAPDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに LDAP データを追加

これで、LDAP の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にLDAP データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT Id, LogonCount FROM User
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、User テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード