今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

CData ODBC Driver for LDAP を使ってAsprovaをLDAP と連携

CData ODBC Driver for LDAP を使って、AsprovaとLDAP とのデータ連携を実現します。

生産スケジューラ「Asprova」はODBC によるデータベース接続をサポートしているため、これを通してLDAPとのデータ連携を行うことが可能です。 通常、LDAPなどのSaaS として提供されるアプリケーションにはWeb API でアクセスしますが、CData LDAP ODBC Driver によって、RDB にアクセスするのと同じ感覚で、LDAP のデータを扱うことができます。 本記事ではLDAPからAsprovaへの「品目」データ取り込みの例を通してデータ連携手順を示します。

CData ODBC Driver for LDAP のインストールとDSN 設定

LDAP ODBC Driver をウェブサイトからダウンロードします。30日の無償版もあります。

インストールが完了したら、DSN 設定画面が開くので、必要な接続プロパティを入力してLDAP への接続を行います。

リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

    基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
  • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
  • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
  • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
  • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

Asprovaでの接続情報の設定

  1. メニューの「ファイル」から「データ入出力」を選択し、「データ入出力」ダイアログを開きます。

  2. 「品目」行のヘッダをダブルクリックし、「データ入出力の編集」ダイアログを開きます。

  3. 「RDBトランザクション」を「いいえ」に変更し、「OK」を押下します。

データドライバの設定

  1. 「品目」の「データソースの種類」を「OLE DB」に変更します。

  2. 「接続文字列/フォルダ」列のボタンを押下し、「データ リンク プロパティ」ダイアログを開きます。 「プロバイダー」タブで「Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers」を選択し「次へ」を押下します。

  3. 「接続」タブで「データソース名を使用する」が選択されていることを確認し、コンボボックスで「CData LDAP Source」を選択します。

  4. 「接続のテスト」を押下し「接続のテストに成功しました」というメッセージが表示されればドライバの設定に成功です。

スキーマの設定

  1. 「外部テーブル名」列のボタンを押下し、「テーブル一覧」ダイアログを開きます。 ここでLDAPのテーブル一覧が表示されることを確認してください。

  2. 出力先テーブル(Asprovaの品目)、入力元テーブルの項目の対応付けを行います。「フィールドマッピング」列のボタンを押下し、「品目-フィールドマッピング」画面を開きます。

  3. 画面の二つのテーブルの間で右クリックし、コンテキストメニューの「全削除」を選択します。すべてのマッピングが削除されたことを確認し、項目同士をドラッグアンドドロップでつなぎ上記のマッピングを設定します。

  4. これでデータ取り込みの設定は終了です。メニューの「ファイル」から「インポート」をクリックします。画面下のメッセージでエラーが出なければインポートは完了です。

データの確認

メニューの「テーブル表示」から「品目」を選択します。下図のように、LDAPから取り込んだ商品データが表示されれば成功です。

 
 
ダウンロード