DBxtra で LDAP Objects に連携するダッシュボードを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

LDAP ODBC Driver

LDAP ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなLDAP ディレクトリサービスに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにLDAP オブジェクトにアクセスし、任意のObjectClass のカスタムテーブルを定義し、SQL クエリーを実行できます。



DBxtra でLDAP に連携して、ダイナミックダッシュボードでデータを分析。

CData ODBC Driver for LDAP は、LDAP データを標準SQL で使えるようにし、BI、帳票、ETL ツールからの連携を実現します。本記事では、DBxtra からLDAP データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

LDAP Objects への連携

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property. This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the DBxtra application and in the New menu click Project and name the Project.
  3. Select ODBC Connection as the Data Connection Type.
  4. Click the browse option () for the Data Source.
  5. In the Data Link Properties window, select Microsoft OLE DB Provider for ODBC Drivers on the Provider tab.
  6. On the Connection tab, select the Data Source Name and the initial catalog to use (CData).
  7. Name the Connection and select the appropriate User Groups.
  8. Double-click the Connection from within the Project to connect to the data.

LDAP Objects に連携するダッシュボードの作成

You are now ready to create a dashboard with LDAP objects.

  1. Right-click Report Objects under the Project and select New Report Object.
  2. In the new Report Object, click the link to create the Query.
  3. In the Select Data Connection window, select the newly created data connection.
  4. On the Query tab, expand the connection objects and select the Tables, Views, and specific columns you wish to include in your dashboard. You can specify search requirements and even create complex queries which include JOINs and aggregations.
  5. On the Dashboard tab, select the visualizations and features for your dashboard. Assign the data values from the query to the appropriate fields for the Dashboards items (Values, Series, etc.)

With a new Dashboard created, you are ready to begin analysis of LDAP objects. Thanks to the ODBC Driver for LDAP, you can refresh the Dashboard and immediately see any changes made at the source. In the same way, you can create and view Reports with live, up-to-date LDAP objects.