今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for LDAP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Dundas BI でLDAP Objects に連携するダッシュボードを構築

ダイナミックダッシュボードを作成し、Dandus BI からLDAP objects データを分析

CData ODBC Driver for LDAP を使って、ODBC 経由でリアルタイムLDAP Objects にアクセスして、さまざまなBI ツール、レポート作成ツール、およびETL ツールからシームレスに連携。 ここでは、一般的なODBC データプロバイダーとしてLDAP objects に接続し、Dundas BI でLDAP objects データのチャート、レポート、およびダッシュボードを作成する方法について説明します。

LDAP Objects への接続

  1. If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN).You can configure the DSN using the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator.This is also the last step of the driver installation.See the "Getting Started" chapter in the Help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

    リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

      基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
    • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
    • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
    • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
    • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

    When you configure the DSN, you may also want to set the Max Rows connection property.This will limit the number of rows returned, which is especially helpful for improving performance when designing reports and visualizations.

  2. Open the Dundas BI interface, open the menu, and click New Data Connector.
  3. Configure the Dundas BI Data Connector:
    • Name the Data Connector.
    • Select "ODBC generic" as the Data Provider.
    • Check the "Use System DSN" checkbox.
    • Select the appropriate System DSN.

ダッシュボードにLDAP Objects を追加

You are now ready to create a dashboard with LDAP objects.

  1. Navigate to the Home page.
  2. Click Explore Data.
  3. Expand the appropriate Data Connector.
  4. Drag the relevant data from the Connector to the panel.
    • You can select an entire "table" to add, but you may need to remove Measures/Rows from the Metric Set to build an appropriate visualization.Alternatively, you can select only the fields you wish to include in the visualization.
    • With the fields selected, you can add any filters or conditions on the Measures and Rows, further customizing the visualization.
  5. Click Re-visualize from the menu bar and select the appropriate visualization for the data.
  6. Click Add To New Dashboard to add the visualization to a new dashboard.
  7. Configure the dashboard, creating dynamic visualizations of LDAP objects.
 
 
ダウンロード