Visio Shapes とLDAP Objects を連携

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

LDAP ODBC Driver

LDAP ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなLDAP ディレクトリサービスに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにLDAP オブジェクトにアクセスし、任意のObjectClass のカスタムテーブルを定義し、SQL クエリーを実行できます。



Visio master shapes での変更を自動的にLDAP objects に更新。

Automate the process of entering data into Visio diagrams and keeping your diagrams up to date with the CData ODBC Driver for LDAP. The driver surfaces LDAP objects as an ODBC data source that can be accessed by applications with built-in ODBC support like Microsoft Office. This article shows how to create a simple diagram to start brainstorming about Visio projects linked to LDAP objects.

Connect to LDAP as an ODBC Data Source

If you have not already, first specify connection properties in an ODBC DSN (data source name). This is the last step of the driver installation. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure ODBC DSNs.

リクエストを認証するには、User およびPassword プロパティを有効なLDAP クレデンシャル(例えば、User を"Domain\BobF" または"cn=Bob F,ou=Employees,dc=Domain")に設定します。 本製品は、デフォルトでプレーンテキスト認証を使用します。これは、本製品がサーバーとTLS/SSL のネゴシエーションを試みるためです。 AuthMechanism を使って別の認証方法を指定できます。 TLS/SSL コンフィギュレーションについて詳しくは、ヘルプドキュメントの「高度な設定」を参照してください。

    基本接続には、Server およびPort を設定します。さらに、次のように接続を微調整できます。
  • FollowReferrals:設定すると、本製品は参照サーバーのデータもビューとして表示します。参照サーバー上のデータを変更するには、このサーバーをServer およびPort で指定する必要があります。
  • LDAPVersion:サーバーが実装するプロトコルのバージョンに設定します。デフォルトでは、本製品はversion 2 を使用します。
  • BaseDN は、LDAP 検索の範囲を指定された識別名の高さに限定します。BaseDN の範囲を絞ることはパフォーマンスを劇的に向上させます。例えば、"cn=users,dc=domain" の値は、"cn=users" およびその子に含まれる結果のみを返します。
  • Scope:このプロパティを使用すると、サブツリーから返されるデータをより細かく制御できます。

Connect LDAP Objects to Diagrams

Follow the steps below to use the Data Selector Wizard to import data into your diagram.

  1. Open Visio and click File -> New. Open the Brainstorming template.
  2. On the Data tab, click Link Data to Shapes.
  3. Select the ODBC option and select ODBC DSN.
  4. Select the DSN for LDAP, select the table you want to import, and finish the wizard. This article uses User as an example.

Link LDAP Entities to Shapes

Follow the steps below to create a simple diagram that shows how to create shapes from your data, one of the ways to link LDAP entities to shapes:

  1. Click Brainstorming Shapes and drag a main topic onto the drawing page. Enter User as the text of the main topic.
  2. Click Topic.
  3. Select a row in the External Data window and drag it onto the drawing page.
  4. Right-click the Topic shape and click Data -> Edit Data Graphic.
  5. Click New Item.
  6. In the Data Field menu, select a column. In the Displayed As menu, select how to display them.
  7. Drag a few other LDAP entities onto the drawing page and add association lines back to the main topic, User. New topics have the same configuration: Numeric columns displayed in data bars stand out in contrast to other User entities.

You can refresh your diagram from the Data tab, synchronizing your shapes with the external LDAP objects.