今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for Magento を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerBuilder からMagento データに接続してみた

この記事ではCData ADO.NET Provider for Magento を使ってPowerBuilder からMagento にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for Magento をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for Magento を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    OAuthClientId=MyConsumerKey;OAuthClientSecret=MyConsumerSecret;CallbackURL=http://127.0.0.1:33333;Url=https://mymagentohost.com;InitiateOAuth=GETANDREFRESH

    Magento はOAuth 1 認証標準を使用します。Magento REST API に接続するには、Magento システムにアプリを登録してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティの値を取得する必要があります。 OAuth 値を取得して接続するには、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    また、Magento システムへのURL を提供する必要があります。URL は、Magento REST API を顧客として使用しているか管理者として使用しているかによって異なります。

    • Customer: Magento を顧客として使用するには、事前にMagento のホームページで顧客アカウントを作成します。これを行うには、[アカウント]->[登録]をクリックします。それからURL 接続プロパティをMagento システムのエンドポイントに設定します。

    • Administrator: Magento を管理者として使用するには、代わりにCustomAdminPath を設定します。この値は、[Admin]メニューの[Advanced]設定で取得できます。[System]->[Configuration]->[Advanced]->[Admin]->[Admin Base URL]を選択することでアクセスできます。

      このページ上の[Use Custom Admin Path]設定がYES に設定されている場合、値は[Custom Admin Path]テキストボックス内にあります。それ以外の場合は、CustomAdminPath 接続プロパティをデフォルト値の"admin" に設定します。

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=EntityId}" Header="EntityId" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=Name}" Header="Name" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for Magento アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.Magento.MagentoConnection conn conn = create System.Data.CData.Magento.MagentoConnection(connectionString) System.Data.CData.Magento.MagentoCommand comm comm = create System.Data.CData.Magento.MagentoCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.Magento.MagentoDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.Magento.MagentoDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。

 
 
ダウンロード