製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

コラボフローでMagento データと連携したワークフローを作成


クラウドワークフローのコラボフローで、Magento データと連携したワークフローを作成


magento ロゴ画像
cloud ロゴ画像

Connect Cloud

Collaboflow ロゴ画像

コラボフロー(www.collabo-style.co.jp/ )は誰でも簡単に作れるクラウドベースのワークフローサービスです。さらにCData Connect Cloud と連携することで、Magento データへのクラウドベースのアクセスをノーコードで追加できます。本記事では、CData Connect Cloud 経由でコラボフローからMagento 連携を実現する方法を紹介します。

CData Connect Cloud はMagento データへのクラウドベースのOData インターフェースを提供し、コラボフローからMagento データへのリアルタイム連携を実現します。

Connect Cloud を構成

コラボフローでMagento データを操作するには、Connect Cloud からMagento に接続し、コネクションにユーザーアクセスを提供してMagento データのOData エンドポイントを作成する必要があります。

Magento に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

(オプション)新しいConnect Cloud ユーザーの追加

必要であれば、Connect Cloud 経由でMagento に接続するユーザーを作成します。

  1. 「Users」ページに移動し、 Invite Users をクリックします。
  2. 新しいユーザーのE メールアドレスを入力して、 Send をクリックしてユーザーを招待します。 新しいユーザーを招待
  3. 「Users」ページからユーザーを確認および編集できます。 Connect Cloud ユーザー

パーソナルアクセストークン(PAT)の追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用するパーソナルアクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「User Profile」をクリックします。
  2. 「User Profile」ページで「Access Token」セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。 Creating a new PAT
  4. パーソナルアクセストークン(PAT)は作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

Connect Cloud からMagento に接続

CData Connect Cloud では、簡単なクリック操作ベースのインターフェースでデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。 コネクションの追加
  2. 「Add Connection」パネルから「Magento」を選択します。 データソースの選択
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Magento に接続します。

    Magento はOAuth 1 認証標準を使用します。Magento REST API に接続するには、Magento システムにアプリを登録してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティの値を取得する必要があります。 OAuth 値を取得して接続するには、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    また、Magento システムへのURL を提供する必要があります。URL は、Magento REST API を顧客として使用しているか管理者として使用しているかによって異なります。

    • Customer: Magento を顧客として使用するには、事前にMagento のホームページで顧客アカウントを作成します。これを行うには、「アカウント」->「登録」をクリックします。それからURL 接続プロパティをMagento システムのエンドポイントに設定します。

    • Administrator: Magento を管理者として使用するには、代わりにCustomAdminPath を設定します。この値は、「Admin」メニューの「Advanced」設定で取得できます。「System」->「Configuration」->「Advanced」->「Admin」->「Admin Base URL」を選択することでアクセスできます。

      このページ上の「Use Custom Admin Path」設定がYES に設定されている場合、値は「Custom Admin Path」テキストボックス内にあります。それ以外の場合は、CustomAdminPath 接続プロパティをデフォルト値の"admin" に設定します。

    接続の設定(Salesforce の表示)
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add Magento Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。 権限を更新

Connect Cloud にMagento OData エンドポイントを追加する

Magento に接続したら、目的のテーブルのOData エンドポイントを作成します。

  1. OData ページに移動し、 Add をクリックして新しいOData エンドポイントを作成します。
  2. Magento 接続(例:Magento1)を選択し、Next をクリックします。
  3. 使用するテーブルを選択し、「Confirm」をクリックします。 テーブルを選択(Salesforce の例)

コネクションとOData エンドポイントを設定したら、コラボフローからMagento データに接続できます。

Magento データに接続したワークフローを作成

コラボフローからConnect Cloud に連携するためのJavaScript の準備

コラボフロー上で使用するConnect Cloud との接続用JavaScriptを準備します。

(function () { 'use strict'; // Setting Propeties const AutocompleteSetting = { // Autocomplete target field for Collaboflow InputName: 'fid0', // Collaboflow item detils line number ListRowNumber : 15, // Autocomplete tartget field for Connect Cloud ApiListupFiledColumn : 'magento_column', // Key Column Name for Connect Cloud resource ApiListupKeyColumn : 'magento_keycolumn', // Mapping between Collaboflow field and Connect Cloud column Mappings: [ { PartsName: 'fid1', // Collabo flow field name APIName: 'magento_column1' // Connect Cloud column name }, { PartsName: 'fid2', APIName: 'magento_column2' }, { PartsName: 'fid3', APIName: 'magento_column3' }, { PartsName: 'fid4', APIName: 'magento_column4' } ] }; const CDataConnectCloudSetting = { // Connect Cloud URL ConnectCloudUrl : 'http://XXXXXX', // Connect Cloud Resource Name ConnectCloudResourceName : 'magento_table', // Connect Cloud Key Headers : { Authorization: 'Basic YOUR_BASIC_AUTHENTICATION' }, // General Properties ParseType : 'json', get BaseUrl() { return CDataCloudServerSetting.ApiServerUrl + '/api.rsc/' + CDataCloudServerSetting.ApiServerResourceName } } let results = []; let records = []; // Set autocomplete processing for target input field collaboflow.events.on('request.input.show', function (data) { for (let index = 1; index < AutocompleteSetting.ListRowNumber; index++) { $('#' + AutocompleteSetting.InputName + '_' + index).autocomplete({ source: AutocompleteDelegete, autoFocus: true, delay: 500, minLength: 2 }); } }); // This function get details from Connect Cloud, Then set values at each input fields based on mappings object. collaboflow.events.on('request.input.' + AutocompleteSetting.InputName + '.change', function (eventData) { debugger; let tartgetParts = eventData.parts.tbl_1.value[eventData.row_index - 1]; let keyId = tartgetParts[AutocompleteSetting.InputName].value.split(':')[1\; let record = records.find(x => x[AutocompleteSetting.ApiListupKeyColumn] == keyId); if (!record) return; AutocompleteSetting.Mappings.forEach(x => tartgetParts[x.PartsName].value = ''); AutocompleteSetting.Mappings.forEach(x => tartgetParts[x.PartsName].value = record[x.APIName]); }); function AutocompleteDelegete(req, res) { let topParam = '&$top=10' let queryParam = '$filter=contains(' + AutocompleteSetting.ApiListupFiledColumn + ',\'' + encodeURIComponent(req.term) + '\')'; collaboflow.proxy.get( CDataCloudServerSetting.BaseUrl + '?' + queryParam + topParam, CDataCloudServerSetting.Headers, CDataCloudServerSetting.ParseType).then(function (response) { results = []; records = []; if (response.body.value.length == 0) { results.push('No Results') res(results); return; } records = response.body.value; records.forEach(x => results.push(x[AutocompleteSetting.ApiListupFiledColumn] + ':' + x[AutocompleteSetting.ApiListupKeyColumn])); res(results); }).catch(function (error) { alert(error); }); } })();
  • 「CDataConnectCloudSetting」のそれぞれのプロパティには構成したSSH Server のURL とConnect Cloud の認証情報をそれぞれ設定してください。
  • 「AutocompleteSetting」はどのフィールドでオートコンプリートを動作させるか? といった設定と、API のプロパティとのマッピングを行います。
  • 今回はコラボフローのデフォルトテンプレートで提供されている「12a.見積書・注文書」で利用しますので、デフォルトでは商品名のフィールドを、Product テーブルのName と紐付けて、Autocomplete を行うように構成しています。値が決定されたら、Key となるProductID を元に「型番、標準単価、仕入単価、御提供単価」をそれぞれAPI から取得した値で自動補完するようになっています。

コラボフロー側でJavaScript を登録

JavaScript を作成したら、後はコラボフローにアップするだけです。

  • コラボフローにログインし「アプリ設定」→「フォーム設定」に移動します。
  • CollaboFlow
  • フォーム一覧から使用するフォームを選択します。
  • CollaboFlow
  • フォーム編集画面に移動後、「カスタマイズ」タブをクリックし、ファイルをアップロードから作成したJSファイルをアップロードし、保存します。
  • CollaboFlow
  • これでConnect Cloud 経由でMagento データを取得し、自動入力補完する機能がコラボフローの申請フォームに追加できました。

クラウドアプリケーションからMagento データへのライブ接続

コラボフローからMagento ライブデータに直接接続できるようになりました。これで、Magento データを複製せずにより多くの接続とアプリを作成できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのリアルタイムデータアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。