今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Magento を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Connect to Magento Data from a Connection Pool in JBoss

Integrate Magento data into Java servlets: Use the Management Console in JBoss to install the CData JDBC Driver for Magento.

CData JDBC drivers can be configured in JBoss by following the standard procedure for connection pooling. This article details how to access Salesforce data from a connection pool in JBoss applications. This article details how to use the JBoss Management Interface to configure the CData JDBC Driver for Magento. You will then access Magento data from a connection pool.

Create a JDBC Data Source for Magento from the Management Console

Follow the steps below to add the driver JAR and define required connection properties.

  1. In the Runtime menu, select the Domain or Server menu, depending on whether you are deploying to a managed domain or to a stand-alone server, and click "Manage deployments" to open the Deployments page.
  2. Click Add. In the resulting wizard, add the JAR file and license for the driver, located in the lib subfolder of the installation directory. Finish the wizard with the defaults, select the driver, and click Enable.
  3. In the Configuration menu, click Subsystems -> Connector -> Datasources. This opens the JDBC Datasources page.
  4. Click Add and, in the resulting wizard, enter a name for the driver and the JNDI name. For example: java:jboss/root/jdbc/Magento
  5. Select the driver that you added above.
  6. Enter the JDBC URL and the username and password. The syntax of the JDBC URL is jdbc:magento: followed by a semicolon-separated list of connection properties.

    Magento はOAuth 1 認証標準を使用します。Magento REST API に接続するには、Magento システムにアプリを登録してOAuthClientId、OAuthClientSecret、およびCallbackURL 接続プロパティの値を取得する必要があります。 OAuth 値を取得して接続するには、ヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

    また、Magento システムへのURL を提供する必要があります。URL は、Magento REST API を顧客として使用しているか管理者として使用しているかによって異なります。

    • Customer: Magento を顧客として使用するには、事前にMagento のホームページで顧客アカウントを作成します。これを行うには、[アカウント]->[登録]をクリックします。それからURL 接続プロパティをMagento システムのエンドポイントに設定します。

    • Administrator: Magento を管理者として使用するには、代わりにCustomAdminPath を設定します。この値は、[Admin]メニューの[Advanced]設定で取得できます。[System]->[Configuration]->[Advanced]->[Admin]->[Admin Base URL]を選択することでアクセスできます。

      このページ上の[Use Custom Admin Path]設定がYES に設定されている場合、値は[Custom Admin Path]テキストボックス内にあります。それ以外の場合は、CustomAdminPath 接続プロパティをデフォルト値の"admin" に設定します。

    A typical connection string is below:

    jdbc:magento:OAuthClientId=MyConsumerKey;OAuthClientSecret=MyConsumerSecret;CallbackURL=http://127.0.0.1:33333;Url=https://mymagentohost.com;
  7. Test the connection and finish the wizard. Select the Magento data source and click Enable.

More JBoss Integration

The steps above show how to configure the driver in a simple connection pooling scenario. For more information, refer to the Data Source Management chapter in the JBoss EAP documentation.

 
 
ダウンロード