Amazon QuickSight でMarkLogic Data データのインタラクティブダッシュボードを構築

CData Cloud Hub でMarkLogic data の仮想MySQL データベースを作成し、MarkLogic data をAmazon QuickSight SPICE にインポートしてインタラクティブダッシュボードを構築します。

Amazon QuickSight を使用すると、ユーザーはクラウド内にインタラクティブなダッシュボードを構築できます。CData Cloud Hub と組み合わせると、MarkLogic data へのCloud to cloud 連携が可能になり、ビジュアライズやダッシュボードで利用できます。ここでは、Cloud Hub でMarkLogic の仮想データベースを作成し、MarkLogic data にアクセスしてAmazon QuickSight でダッシュボードを構築する方法を説明します。

CData Cloud Hub は、MarkLogic のMySQL インターフェースを提供し、Amazon QuickSightのMarkLogic data から簡単にビジュアライゼーションを構築できるようにします。MarkLogic data をAmazon QuickSight の「超高速並列インメモリ計算エンジン」(SPICE)にインポートすることで、Amazon エコシステムの強力なデータ処理機能を利用してレスポンシブなダッシュボードを構築することができます。また、SPICE に保存されているデータの更新をスケジュールする機能により、ダッシュボードの最新状態を制御できます。

MarkLogic Data の仮想MySQL データベースを作成

MySQL クライアントを使用してCData Cloud Hub に接続し、仮想データベースを作成することができます。

  1. Connect to the CData Cloud Hub:
    mysql --host myinstance.cdatacloud.net --user admin --password
    
  2. Once authenticated, create the virtual database for MarkLogic:
    mysql> CREATE DATABASE marklogic_db
        -> DRIVER = "MarkLogic",
        -> DBURL = "User='myusername';Password='mypassword';Server='http://marklogic';";
    

With the virtual database created, you are ready to build visualizations in Amazon QuickSight.

MarkLogic Data をSPICE にインポートし、インタラクティブダッシュボードを作成

The steps below outline creating a new data set based on the virtual MarkLogic database in Cloud Hub, importing the dataset into SPICE, and building a simple visualization from the data.

  1. Log into Amazon QuickSight and click "Manage data."
  2. Click "New data set," select MySQL as the data source, configure the connection to your Cloud Hub instance, and click "Create data source."
  3. Select a table to visualize (or submit a custom SQL query for your data).
  4. Click "Edit/Preview data" to customize the data set.
  5. Select "Import to SPICE for quicker analytics" and click "Visualize."
  6. Select fields to visualize and a visual type.

SPICE データセットのスケジュール更新

QuickSight users can schedule refreshes for data sets that are imported into SPICE, ensuring that data being analyzed is only as old as the most recent refresh.

  1. Navigate to the QuickSight home page.
  2. Click "Manage data."
  3. Select the data set you wish to refresh.
  4. Click "Schedule refresh."
  5. Click Create, configure the refresh settings (time zone, repeat frequency, and starting datetime), and click Create.

クラウドアプリケーションからMarkLogic Data へのSQL アクセス

At this point, you have a direct, cloud-to-cloud connection to MarkLogic data from your Amazon QuickSight dashboard.You can create new visualizations, build interactive dashboards, and more.For more information on gaining SQL access to data from more than 100 SaaS, Big Data, and NoSQL sources from cloud applications like Amazon QuickSight, refer to our Cloud Hub page.

 
 
ダウンロード