OBIEEでの Microsoft OneDrive レポートとスタースキーマ

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Microsoft OneDrive ODBC Driver

Microsoft OneDrive ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからMicrosoft OneDrive にデータ連携。

Microsoft OneDrive データにデータベースと同感覚でアクセスして、Microsoft OneDrive のFiles、Changes、Apps データに使い慣れたODBC インターフェースで連携。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Microsoft OneDrive ファクトのさまざまな見方をリアルタイムで表示するスタースキーマを作成



OBIEE からMicrosoft OneDrive データに連携

ODBC

CData ODBC Driver for Microsoft OneDrive は、 Microsoft OneDrive データへのリアルタイムアクセスをデータウェアハウスに統合したり、レポートツールに直接統合したりできる標準データベースドライバーです。この記事では、データ・ウェアハウスをバイパスして、操作可能なMicrosoft OneDrive データをOracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBIEE) にインポートする方法を説明します。

Informatica PowerCenter などのETL ツールとのODBC 統合に関するナレッジベースもご参照ください。Oracle Warehouse Builder へのETL ソリューションの場合、ドライバーをOracle ODBC Gateway と共に使用してRemote Oracle Database としてMicrosoft OneDrive データにアクセスします

ODBC Data Source としてMicrosoft OneDrive に接続する

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーインストール時の最後の手順にあたります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

OneDrive uses the OAuth authentication standard. To authenticate using OAuth, you will need to create an app to obtain the OAuthClientId, OAuthClientSecret, and CallbackURL connection properties. See the OAuth section of the Help documentation for an authentication guide.

DSN を構成する際に、Max Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションを作成するときのパフォーマンスが向上します。

Microsoft OneDrive メタデータをインポートする

以下のステップに従って、OBIEE Client Tools を使用してMicrosoft OneDrive メタデータをOBIEE リポジトリにインポートします。その後、Microsoft OneDrive データをビジネスモデルに統合できます。

  1. 「Administration Tool」を開き、「File」->「New Repository」とクリックします。

  2. 「Connection Type」メニューで「ODBC 3.5」を選択し、「CData DSN」を選択します。
  3. 「Relational Sources」オプションでインポートするメタデータ型を選択し、Microsoft OneDrive テーブルを選択します。
これで、Microsoft OneDrive テーブルを使用してスタースキーマを作成することができます。