今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Open Exchange Rates を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

DBVisualizer で Open Exchange Rates データに連携しクエリを作成

DBVisualizer のビジュアルデータ分析ツールやデータ接続ウィザードにOpen Exchange Rates を連携。



CData JDBC Driver for Open Exchange Rates は、JDBC 標準に準拠し、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでOpen Exchange Rates への接続を提供します。この記事では、DbVisualizer からOpen Exchange Rates に接続する方法、およびtable エディタを使ってOpen Exchange Rates を ロード、 する方法を説明します。

Open Exchange Rates データの新しいJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、Driver Manager を使ってDbVisualizer ツールからOpen Exchange Rates に接続します。

  1. DbVisualizer で[Tools]>[Driver Manager]>[Create a New Driver]をクリックします。
  2. データソースに名前を入力します。
  3. [URL Format]ボックスに以下を入力します: jdbc:openexchangerates:
    DbVisualizer Driver Manager
  4. [User Specified]タブで[User Specified]ボタンをクリックし、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.openexchangerates.jar ファイルを選択します。
  5. [Driver Class]メニューでOpenExchangeRatesDriver クラス、cdata.jdbc.openexchangerates.OpenExchangeRatesDriver を選択します。

JDBC データソースへの接続を定義

下記の手順に従って、JDBC URL に接続プロパティを入力します。

  1. [Database] タブで[Database Connection]ノードを右クリックし、[Create a Database Connection]をクリックします。
  2. [Connection]セクションで以下のオプションを設定します:

    • Database Type:ウィザードオプションを選択した場合は、データベースの種類は自動検出される。ウィザードを使用しないオプションを選択した場合は、[Database Type]メニューから[Generic]または[Auto Detect]オプションを選択。
    • Driver:先ほど作成したドライバーを選択。
    • Database URL:フルJDBC URL を入力。JDBC URL シンタックスは以下のとおりです。 jdbc:openexchangerates: 次に、セミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

      The Open Exchange Rates API supports basic authentication with an App Id. After you register, your App Id is displayed in your account dashboard. Set this to the AppId connection property.

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:openexchangerates:AppId=abc1234;
    • Database UserId:Open Exchange Rates を認証するユーザーネーム。
    • Database Password:Open Exchange Rates を認証するパスワード。
  3. [Connection]タブで[Connect]をクリックします。

QuickBooks JDBC Driver が表示するテーブルをブラウズするには、テーブルを右クリックし[Open In New Tab]をクリックします。

SQL クエリの実行には、SQL Commander ツールを使います:[SQL Commander]>[New SQL Commander]をクリックします。利用可能なメニューから[Database Connection]、[Database]、[Schema]を選択します。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。

 
 
ダウンロード