今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Open Exchange Rates を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Jetty コネクションプールからOpen Exchange Rates データに連携。

CData JDBC Driver for Open Exchange Rates は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからOpen Exchange Rates データに連携する手順を説明します。

CData JDBC driver for Open Exchange Rates は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にOpen Exchange Rates データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for Open Exchange Rates を設定します。

DBC Driver for Open Exchange Rates を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とOpen Exchange Rates の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、Open Exchange Rates データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='openexchangeratesdemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="openexchangeratesdemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="openexchangeratesdemo"/></Arg> <Arg>jdbc/openexchangeratesdb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.openexchangerates.OpenExchangeRatesDriver"> <Set name="url">jdbc:openexchangerates:</Set> <Set name="AppId">abc1234</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    The Open Exchange Rates API supports basic authentication with an App Id. After you register, your App Id is displayed in your account dashboard. Set this to the AppId connection property.

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/openexchangeratesdb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/openexchangeratesdb へのルックアップでOpen Exchange Rates データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource myopenexchangerates = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/openexchangeratesdb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。

 
 
ダウンロード