製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

NetBeans IDE でOpen Exchange Rates データに仮想RDB として連携

データソース構成ウィザードを使ってNetBeans IDE でOpen Exchange Rates に仮想DB として連携接続。



CData JDBC Driver for Open Exchange Rates は、JDBC をサポートするIDE にリアルタイムOpen Exchange Rates データへの仮想DB 連携を実現します。JDBC 標準では、ビルトインのデータアクセスウィザードや、迅速な開発をサポートするその他のツールを使用できます。この記事では、NetBeans でOpen Exchange Rates に接続する方法を説明します。接続を作成してロード していきます。

NetBeans にOpen Exchange Rates のJDBC データソースを作成

JDBC データソースを作成するには、[Service]ウィンドウの[Database]ノードを展開し、[Drivers]ノードを右クリックして[New Driver]を選択します。[New Driver]ウィザードが表示されたら、以下の情報を入力します:

  • Driver File(s):[Add]をクリックして、ファイルエクスプローラダイアログが表示されたらcdata.jdbc.openexchangerates.jar ファイルを選択。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。
  • Driver Class:[Find]をクリックしてJAR 内のドライバークラスを検索し、cdata.jdbc.openexchangerates.OpenExchangeRatesDriver をメニューから選択。
  • Name:ドライバーの名前を入力。

接続パラメータを定義

下記の手順に従って、必要な接続プロパティを定義します:

  1. [Service]ウィンドウで、[Database]ノードを右クリックし[New Connection]をクリックします。

  2. [New Connection]ウィザードで次の接続プロパティを入力します:

    • Driver Name:CData JDBC Driver for Open Exchange Rates を選択。
    • User Name:ユーザーネームを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • Password:パスワードを入力。JDBC URL でも定義できます。
    • JDBC URL:JDBC URL を指定。

      Open Exchange Rates API は、App Id によるBasic 認証をサポートしています。 登録すると、App Id がアカウントダッシュボードに表示されます。 これをAppId 接続プロパティに設定してください。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:openexchangerates:AppId=abc1234;

リアルタイムOpen Exchange Rates データをクエリ

Open Exchange Rates に接続するには、[Database]ノードにある接続を右クリックし[Connect]をクリックします。接続が確立されたら、展開してスキーマ情報を見ることができます。

[Data Views]ウィンドウにテーブルをロードするには、テーブルを右クリックしてから[View Data]をクリックします。。

 
 
ダウンロード