今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Oracle を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Oracle データをDataSpider Servista から連携先として使う方法

CData JDBC Driver for Oracle を使って、データ連携ツールのDataSpider Servista で Oracle data データを連携利用。

DataSpider Servista は、異なるシステムのデータやアプリケーションをノンプログラミングで「つなぐ」データインテグレーションプラットフォームです。

CData JDBC Drivers はDataSpiderServista において、JDBC データソースとして利用することが可能です。通常のJDBC の検索・更新などのアイコンを使って、標準SQL でSaaS/Web DB のデータを扱うことを可能にします。 この記事では、DataSpider で CData JDBC Driverを利用してOracle データに外部データとしてSQL でアクセスする方法を紹介します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

CData JDBC Driver for Oracle をDataSpider にコネクタとして登録

  1. JDBC Driver をDataSpider と同じサーバーにインストール
  2. DataSpider の外部JDBCドライバのパスにCData JDBC Driver を配置
    DataSpider 側:DataSpiderServista\server\plugin\data_processing\modules\jdbc_adapter
    CData 側:CData\CData JDBC Driver for OracleOCI2019J\lib
  3. グローバルリソースのプロパティで、ドライバクラス名およびURL を入力。
    • 接続名:任意
    • 種別:デフォルト
    • 接続タイプ:接続タイプ:JDBC(JDBC接続設定)
    • ドライバクラス名:cdata.jdbc.oracleoci.OracleOCIDriver
    • URL:jdbc:oracleoci:User=myuser;Password=mypassword;Server=localhost;Port=1521;
  4. Oracle への接続には、PATH variable をアップデートして、ネイティブDLL が含まれるフォルダロケーションが含まれていることを確認します。ネイティブDLL は、インストールディレクトリのlib フォルダにあります。完了したら次のプロパティを設定します:

    • Port: Oracle データベースをホストしているサーバーに接続するポート。
    • User: Oracle データベースに接続するユーザーのID。
    • Password: Oracle データベースに接続するユーザーのパスワード。
    • Service Name: Oracle データベースのサービス名。

DataSpider でOracle データを連携利用する

あとは通常のRDB コンポーネントのように、Oracle データを扱うことが可能です。ツールパレットのJDBC からSQL 実行やストアドプロシージャ実行コンポーネントが使用できます。

例えばOracle データの取得であれば、検索系SQL実行処理を使って、SELECT 文でOracle データを抽出することができます。

このようにCData JDBC Driver を使って、簡単にDataSpider でOracle data データをノーコードで連携利用することができます。

是非、CData JDBC Driver for Oracle 30日の無償試用版 をダウンロードして、お試しください。

 
 
ダウンロード