コラボフローのクラウド申請フォームでOracle Sales Cloud データをLookup 参照する

クラウドワークフローのコラボフローで、 API Server 経由でOracle Sales Cloud データをLookup 参照する方法

コラボフロー(www.collabo-style.co.jp/ )は誰でも簡単に作れるクラウドベースのワークフローサービスです。コラボフローでは、申請フォームにJavaScriptを組み込むことで、外部のREST APIをコールして入力補完や連携を行うことができる機能を提供しています。この記事では、Oracle Sales Cloud データをCData API Server 経由でコラボフローの申請書入力画面から参照できるようにします。このLookup 参照により、申請フォームの入力を便利にすることができます。

API Server の設定

次のステップに従い、セキュアな REST API サービスを立ち上げます。

デプロイ

API Server はサーバー上で稼働します。Windows 版は、製品に組み込まれているスタンドアロンのサーバーかIIS に配置して稼働させることができます。Java 版では、Java servlet コンテナにAPI Server のWAR ファイルを配置します。 デプロイの詳細は製品ヘルプを参照してください。API Server を Microsoft AzureAmazon EC2Heroku にデプロイする方法はKB に記事があります。

Oracle Sales Cloud への接続

  • API Server の管理コンソールで[設定]→[接続]から新しい接続を追加します。
  • Oracle Sales Cloud のアイコンがデフォルトのAPI Server の接続先にない場合には、API Server がJava 版の場合はJDBC Drivers、API Server がWindows 版の場合はADO.NET Data ProvidersからOracle Sales Cloud ドライバーをAPI Server と同じマシンにインストールして、API Server を再起動します。
  • Oracle Sales Cloud への接続に必要な認証情報を入力します。接続のテストを行い、接続を確認して、設定を保存します。
  • Oracle Sales Cloud はSSL 経由でBasic 認証を使用します。次の接続プロパティを設定して、接続してください。

    • Username:Oracle Cloud service へのログインに使用するユーザー名に設定。
    • Password:パスワードに設定。
    • HostURL:Oracle Cloud service のWeb アドレス(URL)に設定。

  • 接続を確立後、[設定]→[リソース]の画面でテーブル一覧からREST API として公開するエンティティを選択します。

API Server のユーザー設定

[設定]→[ユーザー]からAPI にアクセスできるユーザーの認証設定を行います。API Server はトークンでの認証を行うことができます。 IP アドレスでAPI へのアクセスを制限することも可能です。デフォルトではローカルマシンからのアクセスのみが許可されています。SSL の設定も可能です。

コラボフローで、Oracle Sales Cloud データに連携する

コラボフローからAPI Server に連携するためのJavaScript の準備

コラボフロー上で使用するAPI Server との接続用JavaScriptを準備します。

(function () { 'use strict'; // Setting Propeties const AutocompleteSetting = { // Autocomplete target field for Collaboflow InputName: 'fid0', // Collaboflow item detils line number ListRowNumber : 15, // Autocomplete tartget field for API Server ApiListupFiledColumn : 'oraclesalescloud_column', // Key Column Name for API Server resource ApiListupKeyColumn : 'oraclesalescloud_keycolumn', // Mapping between Collaboflow field and API Server column Mappings: [ { PartsName: 'fid1', // Collabo flow field name APIName: 'oraclesalescloud_column1' // API Server column name }, { PartsName: 'fid2', APIName: 'oraclesalescloud_column2' }, { PartsName: 'fid3', APIName: 'oraclesalescloud_column3' }, { PartsName: 'fid4', APIName: 'oraclesalescloud_column4' } ] }; const CDataAPIServerSetting = { // API Server URL ApiServerUrl : 'http://XXXXXX', // API Server Resource Name ApiServerResourceName : 'oraclesalescloud_table', // API Server Key Headers : { Authorization: 'Basic YOUR_BASIC_AUTHENTICATION' }, // General Properties ParseType : 'json', get BaseUrl() { return CDataAPIServerSetting.ApiServerUrl + '/api.rsc/' + CDataAPIServerSetting.ApiServerResourceName } } let results = []; let records = []; // Set autocomplete processing for target input field collaboflow.events.on('request.input.show', function (data) { for (let index = 1; index < AutocompleteSetting.ListRowNumber; index++) { $('#' + AutocompleteSetting.InputName + '_' + index).autocomplete({ source: AutocompleteDelegete, autoFocus: true, delay: 500, minLength: 2 }); } }); // This function get details from API Server, Then set values at each input fields based on mappings object. collaboflow.events.on('request.input.' + AutocompleteSetting.InputName + '.change', function (eventData) { debugger; let tartgetParts = eventData.parts.tbl_1.value[eventData.row_index - 1]; let keyId = tartgetParts[AutocompleteSetting.InputName].value.split(':')[1\; let record = records.find(x => x[AutocompleteSetting.ApiListupKeyColumn] == keyId); if (!record) return; AutocompleteSetting.Mappings.forEach(x => tartgetParts[x.PartsName].value = ''); AutocompleteSetting.Mappings.forEach(x => tartgetParts[x.PartsName].value = record[x.APIName]); }); function AutocompleteDelegete(req, res) { let topParam = '&$top=10' let queryParam = '$filter=contains(' + AutocompleteSetting.ApiListupFiledColumn + ',\'' + encodeURIComponent(req.term) + '\')'; collaboflow.proxy.get( CDataAPIServerSetting.BaseUrl + '?' + queryParam + topParam, CDataAPIServerSetting.Headers, CDataAPIServerSetting.ParseType).then(function (response) { results = []; records = []; if (response.body.value.length == 0) { results.push('No Results') res(results); return; } records = response.body.value; records.forEach(x => results.push(x[AutocompleteSetting.ApiListupFiledColumn] + ':' + x[AutocompleteSetting.ApiListupKeyColumn])); res(results); }).catch(function (error) { alert(error); }); } })();
  • 「CDataAPIServerSetting」のそれぞれのプロパティには構成したSSH ServerのURLとAPI Serverの認証情報をそれぞれ設定してください。
  • 「AutocompleteSetting」はどのフィールドでオートコンプリートを動作させるか? といった設定と、APIのプロパティとのマッピングを行います。
  • 今回はCollaboflowのデフォルトテンプレートで提供されている「12a.見積書・注文書」で利用しますので、デフォルトでは商品名のフィールドを、ProductテーブルのNameと紐付けて、Autocompleteを行うように構成しています。値が決定されたら、KeyとなるProductIDを元に「型番、標準単価、仕入単価、御提供単価」をそれぞれAPIから取得した値で自動補完するようになっています。

コラボフロー側でJavaScriptを登録

JavaScriptを作成したら、後はコラボフローにアップするだけです。

  • コラボフローにログインし「アプリ設定」→「フォーム設定」に移動します。
  • フォーム一覧から使用するフォームを選択します。
  • フォーム編集画面に移動後、「カスタマイズ」タブをクリックし、ファイルをアップロードから作成したJSファイルをアップロードし、保存します。
  • これでAPI Server 経由でOracle Sales Cloud データを取得し、自動入力補完する機能がコラボフローの申請フォームに追加できました。

まとめと30日の無償評価版のご案内

このように Oracle Sales Cloud 内のデータをコラボフローで利用することができるようになります。CData API Server は、30日の無償評価版があります。是非、お試しいただき、コラボフローからのデータ参照を体感ください。

 
 
ダウンロード