Connect to PCA Accounting Data from PowerBuilder

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

PCA Accounting ODBC Driver

PCA クラウド会計 ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーション からライブなPCA クラウド会計データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバー インタフェースを使用して、データベースのようにPCA クラウド会計にアクセスし、顧客、商品、伝票などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。



This article demonstrates how to use the CData ODBC Driver for PCA Accounting to connect to PCA Accounting data and execute queries in PowerBuilder.

The CData ODBC Driver for PCA Accounting can be used from any platform or development technology that supports ODBC, including Sybase PowerBuilder. This article shows how to connect to PCA Accounting data and execute queries from the Database Painter and controls such as the DataWindow.

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Create a Profile for the ODBC Driver for PCA Accounting

Follow the steps below to use the Database Painter tool to create a database profile based on an ODBC DSN (data source name) for PCA Accounting. In the Database Painter, you can use wizards and the UI to work with PCA Accounting data.

  1. If you have not already done so, create an ODBC DSN for PCA Accounting. The DSN contains the connection properties required to connect to PCA Accounting data. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure DSNs. This is the last step of installing the driver. Required connection properties are the following:
    • OAuthClientId
    • OAuthClientSecret
    • CallbackURL
    • ProductCode
    • ApiVersion
    • DataCenter
    • DefaultDataArea
    • InputModuleName

    PCA クラウド会計DX では、OAuth 2 認証標準を使います。

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続に最小限必要な接続プロパティは、次のとおりです。

    • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使って、OAuth 交換や、手動での接続文字列のアクセストークン設定の繰り返しを避けられます。
    • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントId に設定。
    • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
    • CallbackURL:アプリケーション設定のリダイレクトURL に設定。
    • ApiVersion:接続するPCA API Server バージョンを設定。
    • DefaultDataArea:接続するデータ領域を設定。
    • DataCenter:接続するサーバーのDataCenter 名を設定。
    • ProductCode:PCA 製品コード名を設定。
    • InputModuleName:PCA InputSlip のInputModuleName を設定。

    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでPCA Accounting OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    ヘッドレスマシンの認証など、他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

    See the help documentation for a guide to creating a PCA Accounting DSN.
  2. In PowerBuilder, click Tools -> Database Painter.
  3. In the Objects window in the Database Painter, right-click the ODBC node and click New Profile.
  4. On the Connection tab, enter a name for the profile and select the PCA Accounting DSN in the Data Source menu.
  5. To view and modify a table, right-click a table and then click Edit Data -> Grid.

Using PCA Accounting Data with PowerBuilder Controls

You can use standard PowerBuilder objects to connect to ODBC data sources and execute queries. The following example shows how to retrieve PCA Accounting data into a DataWindow. You can add the following code to the open method:

SQLCA.DBMS = "ODBC" SQLCA.DBParm = "ConnectString='DSN=CData PCA Accounting Source'" CONNECT USING SQLCA; dw_bugroup.SetTransObject(SQLCA); dw_bugroup.Retrieve();