リアルタイムPCA Sales データをkrewData 経由でkintone にノーコードで同期

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CData Connect Cloud を使用してPCA Sales データに接続し、リアルタイムでデータをkintone に連携します。



krewData からPCA Sales データに連携

Connect Cloud

この記事では、PCA Sales のMasterSms データをkintone に同期する方法を紹介します。グレープシティ社のkrewData というkintone プラグインとCData Connect Cloud を使うと、PCA Sales をはじめとする100を超えるSaaS データをノーコードでkintone に取り込むことが可能です。

krewData とは?

krewData は、グレープシティ社が提供するkintone のプラグインで、kintone の複数のアプリ間やExcel・CSV ファイルとkintone のデータ統合をkintone 上で行うことができます。

https://krew.grapecity.com/products/krewdata.htm

CData Connect Cloud とは?

CData Connect Cloud は、2022年にCData が新たにリリースしたデータ仮想化プラットフォームです。Salesforce、kintone、Sharepoint、ServiceNow、PCA クラウド、スマレジなど多様なSaaS データにあらゆるツールからノーコードでのアクセスを実現します

CData Connect Cloud へ

今回は、CData Connect Cloud とkrewData を使って、PCA Sales のMasterSms データをkintone に同期します。

ちなみに、CData Connect Cloud を使えば、PCA Sales 以外のクラウドデータをkintone に同期することも可能です。データ同士にキーとなる項目があれば、異なるデータソースのデータを統合してkintone にロードすることも可能です。



Connect Cloud からPCA Sales に接続する

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「PCA Sales」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、PCA Sales に接続します。

    PCA クラウド商魂・商管DX では、OAuth 2 認証標準を使います。

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。接続に最小限必要な接続プロパティは、次のとおりです。

    • InitiateOAuth:GETANDREFRESH に設定。InitiateOAuth を使って、OAuth 交換や、手動での接続文字列のアクセストークン設定の繰り返しを避けられます。
    • OAuthClientId:アプリケーション設定のクライアントId に設定。
    • OAuthClientSecret:アプリケーション設定のクライアントシークレットに設定。
    • CallbackURL:アプリケーション設定のリダイレクトURL に設定。
    • ApiVersion:接続するPCA API Server バージョンを設定。
    • DefaultDataArea:接続するデータ領域を設定。
    • DataCenter:接続するサーバーのDataCenter 名を設定。
    • ProductCode:PCA 製品コード名を設定。

    接続すると、本製品はデフォルトブラウザでPCA Accounting OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品がOAuth プロセスを完了します。

    ヘッドレスマシンの認証など、他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit PCA Sales Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

パーソナルアクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、kintone 上のkrewData プラグインからPCA Sales に接続できるようになります。

krewData でPCA Sales データをkintone に同期する

ここからは、kintone のプラグインであるkrewData での設定になります。

krewData の設定

krewData のプラグインインストールとkintone での設定については、こちらのリンクを参照してください。

https://krew.grapecity.com/products/krewdata.htm

kintone にkrewData プラグインを入れ、必要な権限設定を行ってください。

krewData の入力としてPCA Sales を設定

ここからは、実際にPCA Sales をkintone にロードするフローを作成していきます。krewData 自体は、複数データソースの統合、データのフィルタリング、集計処理など多様な機能を有するETL ですが、今回はシンプルにPCA Sales のMasterSms データをkintone のアプリに同期するフローを作成します。

  1. kintone 画面でアプリにkrewData が表示されているので、これをクリックします。
  2. krewData アプリ画面の右上の「⚙」をクリックし、「設定」を開きます。
  3. 「設定」タブからプラグインをクリックします。これでkrewData のプラグイン操作画面に来ました。
  4. 「+データ編集フローを作成」の文字をクリックしてフローを作成します。作成されたフローが表示されますので、「⚙」マークをクリックしてフローを編集します。
  5. フロー編集画面が開きます。通常のkrewData フローは「入力アプリ」ではじまり、間にいくつかの処理モジュールを入れた後に「出力アプリ」で閉じる形です。CData Connect Cloud を使う場合には、一番下の「外部連携」の「CData Connect Cloud入力」モジュールを使います。
    「CData Connect Cloud入力」を左ペインからドラッグして、フローキャンバスにドロップします。そこからコマンド設定を行っていきます。「アプリを選択」をクリックします。
  6. 「+新しい外部サービス情報アプリを作成する」をクリックして、アプリ名を入力してアプリを作成します。こちらはkrewData の連携で使われるアプリですので、通常のkintone アプリを設定することはできません。OK をクリックします。
  7. 同じ入力コマンドで「サインイン」をクリックして、CData Connect Cloud にkrewData からサインインします。アカウント選択画面がでるので、「別のアカウントを追加」ボタンをクリックします。CData Connedct Cloud アカウント設定画面が表示されるので、Connect Cloud への接続を行います。
    CData Connect Cloud アカウント:Connect Cloud のユーザー名
    Personal Access Token:前述のPAT 取得プロセスで取得したアクセストークン
    OK を押してConnect cloud に接続します。
  8. 次に「データソースを選択」ボタンをクリックします。まずどのConnection を使うかを選択するので、先ほど作成したPCA Sales のConnection をドロップダウンから選択します。
  9. PCA Sales のどのオブジェクト(テーブル)を使うかを選択します。CData Connect Cloud がPCA Sales のオブジェクト(含むカスタムオブジェクト)をフラットなテーブル構造にモデル化しています。今回はMasterSms を選択します。OK を押してテーブル選択を保存します。
  10. ここでPCA Sales からkrewData に取得するデータの絞り込み条件をかけることができます。特にデータ量が多い場合には、パフォーマンスを上げるためにフィルタ条件をかけることをおすすめします。krewData のGUI でフィルタリング条件をかけるカラムを指定し、条件を設定することが可能です。
  11. 最後にkrewData で使用するフィールドを選択します。
  12. テーブル設定、フィルタリング設定、フィールド設定まで終わったら「プレビュー」タブをクリックして、実際に取得されるデータを見ることができます。

kintone へのアウトプットを設定

kintone への出力を行う設定を行います。

  1. 「出力アプリ」を左ペインからドラッグしてフローキャンバスにドロップします。先ほどのCData Connect Cloud入力アプリと出力アプリを線でつなぎます。
  2. 「アプリを選択」ボタンをクリックして、入力アプリと同様に新しいアプリを作成します。
  3. 出力アプリの設定として、2回目以降の同期の際のデータの更新の方法をしていします。今回はUPSERT 設定で更新または追加にチェックをいれています。
  4. 更新キーをしていできるので、ID カラムにチェックを入れて更新キーにします。
  5. これで出力アプリの設定が完了したので、左上の「アプリを更新」をクリックしてフローを保存します。

PCA Sales MasterSms のkintone への同期フローを実行

では、実際にフローを実行していきます。

まずはユーザー情報を指定する必要があります。左上の「設定ファイル」タブをクリックします。kintone のログイン名とパスワードを入力します。セキュアアクセスを使っている場合にはセキュアアクセス設定が必要です。

右上の「▶実行」ボタンをクリックして、フローを実行しましょう!!!
「成功」の表示がでました。

実際にkintone 上で出力アプリとして設定したアプリを開いてみます。ちゃんとPCA Sales MasterSms 情報がkintone アプリのレコードとして同期されていました。

まとめ

いかがでしたか?このようにCData Connect Cloud とkrewData を使って、簡単にPCA Sales のMasterSms データをkintone にノーコードで同期することができました。

是非、CData Connect Cloud で他の100を超えるデータソースでもkintone への同期をお試しください。