国産BI ツールのActionista! からPhoenix に直接連携してビジュアライズ

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Phoenix JDBC Driver

Apache Phoenix 経由でHBase データに連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



Actionista! からリアルタイムPhoenix データに直接連携して分析を実施。

CData Drivers for Phoenix を使って、国産BIツールのActionista!(https://www.justsystems.com/jp/products/actionista/) からPhoenix データをノーコードで連携して利用できます。この記事では、間にETL/EAI ツールをはさむ方法ではなく、CData JDBC Driver for Phoenix をActionista! 側に組み込むだけで連携を実現できます。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Actionista! からPhoenix データへの連携を設定

CData JDBC Driver for Phoenix をActionista! に配置

  • CData JDBC Driver for Phoenix をActionista! と同じマシンにインストールします。
  • 次にインストールした.jar ファイルを以下のパスに格納します:
    ドライバー.jar ファイルのディレクトリ C:\Program Files\CData\CData JDBC Driver for Phoenix 2019J\lib\cdata.jdbc.apachephoenix.jar
    Actionista! 側のコピー先ディレクトリ C:\JUST\JustBI\jdbc
  • 次に、C:\JUST\JustBI\conf にあるdatamanager.properties プロパティファイルに今回使用するPhoenix のドライバークラスなどを以下のように指定します:
  •                 
                        # ApachePhoenix
                        loader.jdbc.displayName.ApachePhoenix = ApachePhoenix
                        loader.jdbc.initJdbcUrl.ApachePhoenix = jdbc:apachephoenix:
                        loader.jdbc.url.ApachePhoenix = jdbc:apachephoenix:
                        loader.jdbc.driver.ApachePhoenix = cdata.jdbc.apachephoenix.ApachePhoenixDriver
                        loader.jdbc.dbmsInfo.ApachePhoenix = cdata.jdbc.apachephoenix.ApachePhoenixDriver
                    
                
  • これでActionista! へのドライバーの配置が完了しました。

Phoenix データをActionista! のキューブに取り込み

Actionista! ではデータの保持をキューブという単位で保存します。また、クエリでデータソースからデータを取得するのではなく、キューブに対してクエリを行います。このステップでは、Phoenix データをキューブに取り込み、分析で使えるようにします。

  • Actionista! にログインします。
  • 「DataManager」-> 「+キューブの新規作成」をクリックします。
  • CData JDBC Driver はRDB データソースとしてActionista! から利用できるので、「RDB」を選択します。
  • 設定情報にPhoenix への接続に必要なプロパティを入れます:
    • RDB の種類:には、上のステップでdisplayName で指定した名前をドロップダウンで選びます。
    • 接続URL:Phoenix に接続するための認証情報をセミコロン区切りで入力します。

      Phoenix Query Server 経由でApache Phoenix に接続します。デフォルトのポートと異なる場合は、Server とPort プロパティを設定してApache Phoenix に接続します。Servre プロパティは通常、Apache Phoenix をホストしているサーバーのホスト名またはIP アドレスです。

      Apache Phoenix への認証

      デフォルトでは、認証は使用されません(プレーン)。サーバーに認証が設定されている場合は、AuthScheme をNEGOTIATE に設定して、 必要な場合にはUser とPassword プロパティを設定して、Kerberos で認証します。 jdbc:apachephoenix:Server=localhost;Port=8765;

    • ユーザー名:接続するアカウントのユーザー名(URL に含めることも可)
    • パスワード:接続するアカウントのパスワード(URL に含めることも可)
  • 「接続」ボタンを押してPhoenix に接続します。
  • Phoenix への接続が完了すると、JDBC Driver がPhoenix のスキーマを取得して、テーブル・ビューをプルダウンメニューに表示します。分析キューブで使用するテーブル・ビューを選択して、OK ボタンを押します。
  • 選択したオブジェクトのカラムが表示されます。JDBC Driver は、Phoenix データのスキーマを検出してActionista! に渡すので、カラム名だけでなく、データ型の推定がすでになされています。ここで細かい型修正やデータの抽出条件を必要があれば設定して保存します。
  • データマネージャー画面でPhoenix データを選択して、「+取り込み」ボタンを押すとデータがキューブに保存されます。これでキューブへのデータ登録が完了です。

Actionista! 上にPhoenix データのダッシュボードを作成する

それでは簡単なダッシュボードを作成していきます。

  • 「Dashboard」-> 「ダッシュボードの新規作成」-> 「キューブから作成」をクリックします。
  • 先ほど作成したPhoenix データのキューブを選択して、ダッシュボード名を任意で入力して、OK を押します。
  • 左側にある明細パネルを右側のエリアにドラッグ&ドロップしますと、明細パネルの作成ウィンドウが表示されるので、Phoenix キューブから表示させる項目を選択します。
  • そのままキューブのデータが表示することができます。ドリルダウンなどを行いたい場合は、サイドメニューにある分析パネルで作成してください。

CData JDBC Driver for Phoenix をActionista! で使うことで、ノーコードでPhoenix データをビジュアライズできました。ぜひ、30日の無償評価版 をお試しください。