Dundas BI でPhoenix データに連携するダッシュボードを構築

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Phoenix ODBC Driver

Phoenix ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからApache Phoenix 経由でHBase にデータ連携。

Phoenix に標準ODBC Driver インターフェースを使ってRDB と同感覚でアクセスして、読み書き更新を実行。



ダイナミックダッシュボードを作成し、Dandus BI からPhoenix データを分析します。.

CData ODBC Driver for Phoenix を使えば、Phoenix に標準ODBC でのアクセスが可能になり、いろいろなBI、帳票、ETL ツールからデータ連携が可能になります。本記事では、Dundas BI からPhoenix データにGeneric ODBC として接続し、レポートやダッシュボードを作成します。

Phoenix データへの接続

  1. 未指定の場合は、データソース名(DSN)で必要な接続プロパティの値を指定します。ビルトインのデータソースアドミニストレーターを使用してDSN を設定します。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターでDSN を作成及び設定する方法については、ヘルプドキュメントの[Getting Started]チャプターを参照してください。

    Phoenix Query Server 経由でApache Phoenix に接続します。デフォルトのポートと異なる場合は、Server とPort プロパティを設定してApache Phoenix に接続します。Servre プロパティは通常、Apache Phoenix をホストしているサーバーのホスト名またはIP アドレスです。

    Apache Phoenix への認証

    デフォルトでは、認証は使用されません(プレーン)。サーバーに認証が設定されている場合は、AuthScheme をNEGOTIATE に設定して、 必要な場合にはUser とPassword プロパティを設定して、Kerberos で認証します。

    DSN を構成する際に、Max Rows プロパティを定めることも可能です。これによって返される行数が制限されるため、可視化やレポートをデザインする際のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

  2. Dundas BI インターフェースでメニューを開き、[New][Data Connector]をクリックします。
  3. Dundas BI Data Connector を構成します。
    • Data Connector に名前を付けます。
    • Data Provider として[ODBC generic]を選択します。
    • [Use System DSN]のチェックボックスにチェックを入れます。
    • 適切なSystem DSN を選択します。

Phoenix データをダッシュボードに追加する

これで、Phoenix を使用してダッシュボードを作成することができます。

  1. ホームページに移動します。
  2. [Explore Data]をクリックします。
  3. 適切なData Connector を展開します。
  4. 関連するデータを[Connector]からパネルにドラッグします。
    • 追加する[table]全体を選択できますが、適切な可視化を作成するために、Metric Set から[Measures/Rows]を削除する必要があるかもしれません。もしくは、可視化に含めるフィールドのみを選択することもできます。
    • フィールドを選択すると、Measures とRows に任意のフィルタまたは条件を追加して可視化をさらにカスタマイズできます。
  5. メニューバーから[Re-visualize]をクリックし、データに適切な可視化を選択します。
  6. [Add To New Dashboard]をクリックして可視化を新しいダッシュボードに追加します。
  7. ダッシュボードを構成し、Phoenix の動的な可視化を作成します。