製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Pipedrive ODBC Driver

Pipedrive ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなPipedrive アカウントデータに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにPipedrive データにアクセスし、読み、書き、更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

OpenOffice Base でPipedrive データをクエリする方法


OpenOffice Base でPipedrive データをクエリする方法


ODBC



OpenOffice Base は 個人利用から商業利用に至るまで幅広い大勢のユーザーニーズに合うように設計された多機能なデスクトップデータベース管理システムです。

この記事では、OpenOffice Base とCData ODBC Driver を使って、Pipedrive のデータをクエリする方法を紹介します。

Pipedrive データへの接続

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

  2. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

ODBC への接続を追加する

それではOpenOffice Base の作業を進めていきましょう。まずODBC への接続を行ったデータベースを作成します。

  1. OpenOffice Base を立ち上げて「既存のデータベースに接続」から「ODBC」を選択し、「次へ」をクリックします。
  2. システム上のODBC データソースの名前を入力する画面が表示されるので「ブラウズ」をクリックし、
  3. 先ほど作成したODBC DSN の接続設定を選択します。
  4. あとは「完了」をクリックすれば、新しいデータベースファイルが作成されます。

テーブルデータを確認する

データベースファイルが作成されると、テーブル一覧には自動的にPipedrive のオブジェクト一覧が表示されます。

  1. 任意のテーブルをクリックしてみると、
  2. 以下のようにPipedrive のデータが表示されていることが確認できます。
  3. これだけで、OpenOffice Base でPipedrive のデータが扱える状態になったことがわかりますね。

レポートを作成する

レポートも併せて作成してみましょう。

  1. 「レポート」タブに移動して「ウィザードを使用してレポートを作成」をクリックします。
  2. レポートウィザードでは「テーブルまたはクエリー」でPipedrive のオブジェクトを選択できるので、任意のテーブルを選択し、使用したいフィールドを設定していくだけでOK です。
  3. 完了をクリックすると、Pipedrive のデータを元にしたレポートが作成できました。