AppSheet でPonparemall データと連携したビジネスアプリを作成

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

CData Connect Cloud を使ってAppSheet からPonparemall に接続、Ponparemall ライブデータを使ってカスタムビジネスアプリを作成します。



AppSheet はアプリケーション作成用のローコード / ノーコード開発プラットフォームで、ユーザーはモバイル、タブレット、Web アプリケーションを自在に作成できます。 さらにCData Connect Cloud と連携することで、ビジネスアプリケーションにPonparemall データへのクラウドベースのアクセスを即座に追加できます。この記事では、Connect Cloud からPonparemall に接続し、AppSheet でPonparemall データを使ったビジュアライゼーションを作成する方法を説明します。

CData Connect Cloud はPonparemall にクラウドベースのインターフェースを提供し、AppSheet 内でPonparemall ライブデータを使ったレポートの作成を実現します。AppSheet でネイティブにサポートされているデータベースにデータを移行するなどの手順は必要ありません。外部データと連携するアプリケーションを作成する際に、AppSheet はデータを収集するためのSQL クエリを生成します。CData Connect Cloud は最適化されたデータ処理を使用して、サポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をPonparemall に直接発行し、サーバー側の処理を利用して要求されたPonparemall データを高速で返します。

Connect Cloud からPonparemall への接続

CData Connect Cloud では、直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続できます。

  1. Connect Cloud にログインし、 「Add Connection」をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「Ponparemall」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Ponparemall に接続します。

    Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

    Ponparemall へのアクセスの設定

    Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

    • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
    • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
    • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

    Ponparemall アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
    • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  4. Create & Test をクリックします。
  5. 「Add Ponparemall Connection」ページの「Permissions」タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

個人用アクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、「Settings」をクリックします。
  2. 「Settings」ページで「Access Token」セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションの設定が完了したら、AppSheet からPonparemall データへの接続準備ができました。

AppSheet からPonparemall への接続

以下のステップでは、AppSheet からCData Connect Cloud に接続して新しいPonparemall データソースを作成する方法を説明します。

  1. AppSheet にログインします。
  2. メニューの「My account」をクリックします。
  3. 「Sources」タブをクリックして新しいデータソースを追加します。
  4. 「Cloud Database」をクリックして接続先情報を入力します。
    • Type:SQL Server
    • Servertds.cdata.com,14333
    • Database:Ponparemall のコネクション名(例:Ponparemall1)。
    • Username:Connect Cloud のユーザー名(例:user@mydomain.com)。
    • Password:入力したConnect Cloud ユーザーのPAT を指定。
    • SSL:Require SSL
  5. 「Test Connection」をクリックします。
  6. 「Authorize Access」をクリックします。

AppSheet でアプリを作成

Ponparemall のデータソースを作成したら、Ponparemall データを使ったアプリを構築できます。まずはメニューの「My apps」をクリックしましょう。

  1. 「Start with your own data」でアプリを作成します。
  2. 任意のアプリ名を入力して、使用するデータに基づく適切なカテゴリを設定します。
  3. 先ほど作成したデータソースを選択します。
  4. データ内の欲しいテーブルまたはビューを選択します。

この段階で、アプリのデザインを変更したり、選択したテーブルのどのカラムを表示、またはテーブルとして使用するか、といったことを設定できます。右側のプレビューパネルでアプリをプレビューして、良さそうであればパブリッシュします。

CData Connect Cloud の30日間無償トライアルを利用して、クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL データソースへのSQL アクセスをお試しください!