Node.js からPonparemall データをSQL Server データベースとしてクエリ

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Node.js からPonparemall データにSQL Server クエリを実行します。



CData Connect Cloud を使用すると、SQL Server インターフェース経由でPonparemall データをクエリできます。以下のステップに従って、Connect Cloud にPonparemall の仮想データベースを作成し、Node.js を使用してクエリを実行します。

CData Connect Cloud は、Ponparemall のピュアMySQL かつクラウドベースのインターフェースを提供し、ネイティブにサポートされているデータベースにデータを複製することなくNode.js からの手軽なリアルタイムPonparemall データクエリを実現します。Node.js でデータをクエリすると、CData Connect Cloud はサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)を直接Ponparemall にプッシュし、サーバー側の処理を活用してPonparemall データを高速で返します。

Connect Cloud からPonparemall に接続する

CData Connect Cloud は直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続します。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「Ponparemall」を選択します。
  3. 必要な認証情報を入力し、Ponparemall に接続します。

    Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

    Ponparemall へのアクセスの設定

    Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

    • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
    • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
    • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

    Ponparemall アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
    • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Ponparemall Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

個人用アクセストークンを追加する

OAuth 認証をサポートしないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、フレームワークから接続する場合、個人用アクセストークン(PAT)を認証に使用できます。きめ細かくアクセスを管理するために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

    1. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
    2. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
    3. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

    接続が設定されたら、Node.js からPonparemall データに接続できるようになります。

    Node.js からPonparemall をクエリ

    以下の例は、SQL Server モジュールを使用してPonparemall へのクエリを実行する方法を説明しています。以下の情報が必要です。

    • servertds.cdata.com
    • port:14333
    • user:Connect Cloud ユーザー(例:user@mydomain.com)
    • password:上記のユーザーのPAT
    • database:Ponparemall 用に構成した接続(Ponparemall1)

    以下のコードで、Ponparemall に接続してクエリが実行できます。

    var sql = require('mssql')
    var config = {
    	server: 'tds.cdata.com',
    	port:14333, 
    	user: 'user@mydomain.com', //update me
    	password:'CONNECT_USER_PAT', //update me	
    	options: {
    		encrypt: true,
    		database: 'Ponparemall1'
    	}
    }
    
    sql.connect(config, err => { 
        if(err){
            throw err ;
        }
        new sql.Request().query('SELECT * FROM Orders', (err, result) => {
            console.dir(result)
        })
            
    });
    
    sql.on('error', err => {
        console.log("SQL Error: " ,err);
    })