Power Automate を使用してPonparemall データを自動化されたタスクに統合

製品をチェック

CData Connect Cloud の詳細情報はこちら。無償トライアルはこちら:

  無償トライアル

CData Connect Cloud を使用してPonparemall データに接続し、Ponparemall データをリアルタイムでPower Automate タスクに統合します。



Microsoft Power Automate は、一般的なアプリとサービスでイベント(ワークフロー)を自動化するオンラインサービスです。CData Connect Cloud と組み合わせると、ビジュアライゼーションやダッシュボード用にPonparemall データにクラウドベースでアクセスできます。この記事では、Power Automate からConnect Cloud に接続し、リアルタイムPonparemall データをワークフローとタスクに統合する方法を説明します。

CData Connect Cloud は、ピュアSQL のクラウドインターフェースをPonparemall に提供し、データを複製せずにPower Automate からリアルタイムPonparemall データとの統合を手軽に実現します。Power Automate はCData Connect Cloud をSQL Server データベースとして認識し、最適化されたデータ処理を使用してサポートされているすべてのSQL 操作(フィルタ、JOIN など)をPonparemall に直接プッシュして、サーバー側の処理を利用して、Ponparemall データを素早く返します。

Connect Cloud からPonparemall に接続する

CData Connect Cloud は直感的なクリック操作ベースのインターフェースを使ってデータソースに接続します。
  1. Connect Cloud にログインし、 Add Connection をクリックします。
  2. Add Connection パネルから「Ponparemall」を選択します。
  3. 必要な認証プロパティを入力し、Ponparemall に接続します。

    Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

    Ponparemall へのアクセスの設定

    Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

    • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
    • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
    • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

    Ponparemall アカウントの認証

    次の接続プロパティを設定して接続します。

    • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
    • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
    • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  4. Create & Test をクリックします。
  5. Edit Ponparemall Connection ページのPermissions タブに移動し、ユーザーベースのアクセス許可を更新します。

個人用アクセストークンの追加

OAuth 認証をサポートしていないサービス、アプリケーション、プラットフォーム、またはフレームワークから接続する場合は、認証に使用する個人用アクセストークン(PAT)を作成できます。きめ細かなアクセス管理を行うために、サービスごとに個別のPAT を作成するのがベストプラクティスです。

  1. Connect Cloud アプリの右上にあるユーザー名をクリックし、User Profile をクリックします。
  2. User Profile ページでPersonal Access Token セクションにスクロールし、 Create PAT をクリックします。
  3. PAT の名前を入力して Create をクリックします。
  4. 個人用アクセストークンは作成時にしか表示されないため、必ずコピーして安全に保存してください。

コネクションが構成されたら、Power Automate からPonparemall に接続できるようになります。

CData Connect Cloud に接続する

Connect Cloud を使用してPonparemall データをPower Automate タスクに統合するには、新しいSQL Server 接続が必要です。

  1. Power Automate にログインします。
  2. Data -> Connections -> New connection とクリックします。
  3. SQL Server を選択します。
  4. 接続ウィザードにて:

    • 直接接続するように選択します。
    • SQL server nametds.cdata.com に設定します。
    • SQL database name をPonparemall コネクションの名前(Ponparemall1 など)に設定します。
    • Username をConnect Cloud のユーザーに設定します。(user@mydomain.com)
    • Password を上記のユーザーのPAT に設定します。
    • Create をクリックします。

Ponparemall データをPower Automate タスクに統合する

Connect Cloud への接続が構成されたら、ライブPonparemall データをPower Automate タスクに統合することができるようになります。

  1. Power Automate にログインします。
  2. My flows -> New flow とクリックし、空白またはテンプレートからフローを作成することを選択します。
  3. SQL Server アクション(Get rows など)を追加または構成し、Connect Cloud コネクションに接続するようにアクションを構成します。
  4. 使用するテーブルをドロップダウンメニューから選択し、詳細オプション(フィルタ、オーダーなど)を構成します。
  5. その後のアクションを構成してテストし、フローを保存します。

クラウドアプリケーションからPonparemall データへのSQL アクセス

Power Automate タスクからPonparemall データへリアルタイムに直接接続できるようになりました。これで、Ponparemall データを複製せずにより多くの接続とワークフローを作成してビジネスを推進できます。

クラウドアプリケーションから直接100を超えるSaaS 、ビッグデータ、NoSQL ソースへのSQL データアクセスを取得するには、CData Connect Cloud を参照してください。

Power Automate の関連記事

この記事では、CData Connect Cloud とPower Automate(オンライン)の使用について説明しました。Power Automate Desktop を使用するその他の方法については、以下の記事をご覧ください。