OBIEEでの Ponparemall レポートとスタースキーマ

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Ponparemall ODBC Driver

Ponparemall ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからライブなPonparemall データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにPonparemall にアクセスし、在庫、商品、受注などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

Ponparemall ファクトのさまざまな見方をリアルタイムで表示するスタースキーマを作成



OBIEE からPonparemall データに連携

ODBC

CData ODBC Driver for Ponparemall は、 Ponparemall データへのリアルタイムアクセスをデータウェアハウスに統合したり、レポートツールに直接統合したりできる標準データベースドライバーです。この記事では、データ・ウェアハウスをバイパスして、操作可能なPonparemall データをOracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBIEE) にインポートする方法を説明します。

Informatica PowerCenter などのETL ツールとのODBC 統合に関するナレッジベースもご参照ください。Oracle Warehouse Builder へのETL ソリューションの場合、ドライバーをOracle ODBC Gateway と共に使用してRemote Oracle Database としてPonparemall データにアクセスします

ODBC Data Source としてPonparemall に接続する

接続プロパティが未設定の場合は、まずODBC DSN(データソース名)で設定します。これはドライバーインストール時の最後の手順にあたります。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。

Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

Ponparemall へのアクセスの設定

Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

  • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
  • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
  • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

Ponparemall アカウントの認証

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
  • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。

DSN を構成する際に、Max Rows 接続プロパティも設定できます。これにより返される行数が制限されるため、レポートやビジュアライゼーションを作成するときのパフォーマンスが向上します。

Ponparemall メタデータをインポートする

以下のステップに従って、OBIEE Client Tools を使用してPonparemall メタデータをOBIEE リポジトリにインポートします。その後、Ponparemall データをビジネスモデルに統合できます。

  1. 「Administration Tool」を開き、「File」->「New Repository」とクリックします。

  2. 「Connection Type」メニューで「ODBC 3.5」を選択し、「CData DSN」を選択します。
  3. 「Relational Sources」オプションでインポートするメタデータ型を選択し、Ponparemall テーブルを選択します。
これで、Ponparemall テーブルを使用してスタースキーマを作成することができます。