PHP のネイティブ機能を使ってPonparemall にデータ連携

製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Ponparemall ODBC Driver

Ponparemall ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからライブなPonparemall データに直接接続できる強力なツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにPonparemall にアクセスし、在庫、商品、受注などの読み出し、書き込み、および更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

CData ODBC Driver for Ponparemall を使って、Linux/Unix マシン上でPonparemall データに連携可能なPHP アプリケーションを作成。PHP でのODBC ネイティブサポートを活用します。



CData ODBC Driver for Ponparemall をLAMP またはWAMP スタックにドロップし、Ponparemall に接続されたWeb アプリケーションを構築します。本記事では、PHP のビルトインODBC 機能でPonparemall データに接続し、クエリを実行して、結果を出力する手順を説明します。

UNIX/Linux マシンでCData ODBC Drivers を使用する

CData ODBC Drivers は、Ubuntu、Debian、RHEL、CentOS、Fedora など、Red Hat およびDebian ベースのさまざまなシステムでサポートされています。また、いくつかライブラリやパッケージが要求されることがありますが、それらの多くはシステムにデフォルトでインストールされています。サポートされているLinux オペレーティングシステムのバージョンと必要なライブラリの詳細については、インストール済みのもの、またはWeb 上にあるヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

ドライバーマネージャーをインストールする

ドライバーをインストールする前に、システムにドライバーマネージャーがあることを確認してください。この記事では、広くサポートされている無料のオープンソースODBC ドライバーマネージャーであるunixODBC を使用します。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、APT パッケージマネージャーを使用してunixODBC をインストールできます。

$ sudo apt-get install unixODBC unixODBC-dev

Red Hat Linux ベースのシステムの場合は、yum またはdnf を使用してunixODBC をインストールできます。

$ sudo yum install unixODBC unixODBC-devel

unixODBC ドライバーマネージャーは、ドライバーの情報をodbcinst.ini ファイルから、データソースの情報をodbc.ini ファイルから読み取ります。 次のコマンドをターミナルに入力することで、システムの設定ファイルの場所を指定できます。

$ odbcinst -j

コマンドの出力は、登録されたODBC ドライバーおよびODBC データソースの設定ファイルの場所を表示します。 ユーザーデータソースにアクセスできるのは、odbc.ini ファイルがホームフォルダに格納されているユーザーアカウントだけです。システムデータソースには、すべてのユーザーがアクセスできます。 以下に、このコマンドの出力例を示します。

DRIVERS............: /etc/odbcinst.ini SYSTEM DATA SOURCES: /etc/odbc.ini FILE DATA SOURCES..: /etc/ODBCDataSources USER DATA SOURCES..: /home/myuser/.odbc.ini SQLULEN Size.......:8 SQLLEN Size........:8 SQLSETPOSIROW Size.:8

ドライバーをインストールする

標準パッケージ形式(Debian .deb パッケージ形式または.rpm ファイル形式)でドライバーをダウンロードすることができます。ファイルをダウンロードしたら、ターミナルからドライバーをインストールできます。

ドライバーインストーラーはドライバーをunixODBC に登録し、システムDSN を作成します。これは、後にODBC 接続をサポートするツールやアプリケーションで使用できます。

Ubuntu のようなDebian ベースのシステムでは、sudo またはroot で以下のコマンドを実行します。 $ dpkg -i /path/to/package.deb

Red Hat システムまたは.rpms をサポートするその他のシステムの場合は、sudo またはroot で以下のコマンドを実行します。 $ rpm -i /path/to/package.rpm

ドライバーがインストールされたら、unixODBC ドライバーマネージャーを使用し、登録されたドライバーと定義されたデータソースを一覧表示できます。

登録されているドライバーを一覧表示する

$ odbcinst -q -d CData ODBC Driver for Ponparemall ...

定義されたデータソースを一覧表示する

$ odbcinst -q -s CData Ponparemall Source ...

CData ODBC Driver for Ponparemall をunixODBC で使用するには、ドライバーがUTF-16 を使用するように設定されていることを確認します。そのために、インストール場所(通常はcdata.odbc.ponparemall.ini)のlib フォルダにある、ドライバー(cdata.odbc.ponparemall.ini)のINI ファイルを以下のように編集します。

cdata.odbc.ponparemall.ini

... [Driver] DriverManagerEncoding = UTF-16

DSN を変更する

ドライバーのインストールにより、システムDSN が事前定義されます。DSN を変更するには、システムデータソースファイル(/etc/odbc.ini)を編集し、必要な接続プロパティを定義します。さらに、$HOME/.odbc.ini での変更にルートアクセスを必要としない、ユーザー固有のDSN を作成することができます。

Ponparemall に接続するには、ShopUrl、InventoryUserId、InventoryPassword、OrderUserId、OrderPassword、PaymentUserId、およびPaymentPassword が必要です。

Ponparemall へのアクセスの設定

Ponparemall には各API のId とPassword が必要です。取得するには、以下の手順に従ってください。

  • Ponparemall Manager にログインし、メニューの「各種申請」の「WebAPI利用申請」をクリックします。
  • Web API メニューの「WebAPIサービス利用申請」をクリックし、利用申請を行います。
  • 後日、Ponparemall から必要なId とPassword が送られてきます。

Ponparemall アカウントの認証

次の接続プロパティを設定して接続します。

  • ShopUrl:接続先のPonparemall Shop URL を設定。「http://storetst4.ponparemall.com/sample/」に含まれる「sample」の部分を入力します。
  • InventoryUserId:「在庫API」のユーザID を設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • InventoryPassword:「在庫API」のパスワードを設定。このプロパティは、Inventory テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • OrderUserId:「受注API」のユーザID を設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • OrderPassword:「受注API」のパスワードを設定。このプロパティは、Orders テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • PaymentUserId:「決済API」のユーザID を設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。
  • PaymentPassword:「決済API」のパスワードを設定。このプロパティは、Payments テーブルにアクセスする場合に必要です。

/etc/odbc.ini または$HOME/.odbc.ini

[CData Ponparemall Source] Driver = CData ODBC Driver for Ponparemall Description = My Description InventoryUserId = Inventory UserId InventoryPassword = Invetory Password

これらの構成ファイルの使用方法については、オンラインのヘルプドキュメントを参照してください。

接続を確立する

odbc_connect またはodbc_pconnect を呼び出して、Ponparemall への接続を開きます。 接続を閉じるには、odbc_close もしくはodbc_close_all を使います。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Ponparemall Source","user","password");

接続はodbc_connect で開かれ、スクリプトが終わると終了します。odbc_pconnect メソッドで開いた接続は、スクリプトが終わっても開いたままです。これにより同じクレデンシャルであれば他のスクリプトで接続を共有することが可能です。スクリプト間で接続を共有することにより、システムリソースを節約し、クエリの実行を高速化できます。

$conn = odbc_pconnect("CData ODBC Ponparemall Source","user","password"); ... odbc_close($conn); //persistent connection must be closed explicitly

プリペアドステートメントを作成する

odbc_prepare を使って、プリペアドステートメントおよびパラメータライズドクエリを作成します。

$query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM Orders WHERE DateRangeSearchColumn = ?");

クエリを実行する

Prepared ステートメントをodbc_execute を使って実行します。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Ponparemall Source","user","password"); $query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM Orders WHERE DateRangeSearchColumn = ?"); $success = odbc_execute($query, array('2'));

Non-Parameterized クエリは、odbc_exec を使います。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Ponparemall Source","user","password"); $query = odbc_exec($conn, "SELECT OrderNumber, OrderStatus FROM Orders");

結果の処理

odbc_fetch_array 関数の結果セット配列としてアクセスします。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Ponparemall data Source","user","password"); $query = odbc_exec($conn, "SELECT OrderNumber, OrderStatus FROM Orders"); while($row = odbc_fetch_array($query)){ echo $row["OrderNumber"] . "\n"; }

odbc_result_all 関数で、結果セットをHTML テーブルとして表示します。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Ponparemall data Source","user","password"); $query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM Orders WHERE DateRangeSearchColumn = ?"); $success = odbc_execute($query, array('2')); if($success) odbc_result_all($query);

他のサンプルクエリ

ドライバーがサポートしているSQL の詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。上のサンプルは、PHP community documentation for all ODBC functions をPonparemall 向けに変更したものです。