Crystal Reports でQuickBase データに連携して帳票を作成

Ready to get started?

Download for a free trial:

Download Now

Learn more:

QuickBase JDBC Driver

QuickBase に連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



レポートウィザードを使って、最新のQuickBase 連携データを使った帳票を作成。



Crystal Reports には、JDBC 標準向けのサポートが組み込まれています。この記事では、QuickBase の機能を持つ帳票を作成するレポート作成ウィザードの使い方を説明します。

QuickBase JDBC Driver のインストール

CData JDBC Driver for QuickBase を、ドライバーのJAR をCrystal Reports のクラスパスに含めてインストール:DataDriverCommonElement の下のClassPath element のパスに、 .jar を含むファイルのフルパスを追加します。

CRConfig.xml は通常C:\Program Files (x86)\SAP BusinessObjects\SAP BusinessObjects Enterprise XI 4.0\java に配置されます。— パスはインストールによって若干異なる場合があります。ドライバーのJAR はインストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にあります。

ClassPath にJAR を追加したら、Crystal Reports を再起動します。

QuickBase データに接続

下記の手順に従って、レポート作成ウィザードを使ってQuickBase 接続を作成します。

  1. 新しい空の帳票で、[Create New Connection]>[JDBC (JNDI)]をクリックします。
  2. ウィザードでJDBC 接続URL を選択します。

    jdbc:quickbase:User=user@domain.com;Password=password;Domain=myinstance.quickbase.com;ApplicationToken=bwkxrb5da2wn57bzfh9xn24
  3. ドライバーのクラス名を設定:

    cdata.jdbc.quickbase.QuickBaseDriver

    User Authentication Method

    To authenticate with user credentials, specify the following connection properties:

    1. Set the User and Password.
    2. If your application requires an ApplicationToken;, you must provide it otherwise an error will be thrown. You can find the ApplicationToken under SpecificApp > Settings > App management > App properties > Advanced settings > Security options > Manage Application Token.

    User Token Authentication

    To authenticate with a user token, specify the following connection properties:

    1. Set UserToken and you are ready to connect. You can find the UserToken under Quick Base > My Preferences > My User Information > Manage User Tokens.

帳票をデザイン

JDBC 接続をQuickBase に追加したら、レポート作成ウィザードを使ってQuickBase を帳票に追加できます。

  1. 帳票に必要なテーブルやフィールドを選択して、データソースを設定します。この例では、SampleTable_1 テーブルのId およびColumn1 カラムを使います。

  2. チャートの種類を設定 ウィザードを完了すると、Crystal Reports はQuickBase data に実行されるSQL クエリをビルドします。ドライバーは、ライブQuickBase data に対してクエリを実行します。

  3. 必要に応じて、ほかのフィルタや帳票テンプレートを設定します。
  4. データのインポートが終わったら、データをサマライズもしくはソートするチャートやレポートオブジェクトを作成できます。[Insert]>[Chart]をクリックして、チャートエキスパートを開きます。Total Column1 by Id を表すグラフを作成するには、Id を[On Change Of]メニューセレクションの下のボックスに追加してからColumn1 を[Show Values]の下のボックスに追加します。

完成した帳票をプレビューして、チャートにデータが入っていることを確認します。Null 値を取り除きたい場合は、SelectionFormula を使います。