DbVisualizer で Reckon データに連携しクエリを作成

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Reckon JDBC Driver

Reckon への双方向連携により、Reckon 内のデータの検索、更新がJava/J2EE アプリケーションから可能に。



DbVisualizer のビジュアルデータ分析ツールやデータ接続ウィザードにReckon を連携。



CData JDBC Driver for Reckon は、JDBC 標準に準拠し、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでReckon への接続を提供します。この記事では、DbVisualizer からReckon に接続する方法、およびtable エディタを使ってReckon を 編集、および保存 する方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Reckon データの新しいJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、Driver Manager を使ってDbVisualizer ツールからReckon に接続します。

  1. DbVisualizer で[Tools]>[Driver Manager]>[Create a New Driver]をクリックします。
  2. データソースに名前を入力します。
  3. [URL Format]ボックスに以下を入力します: jdbc:reckon:
    DbVisualizer Driver Manager
  4. [User Specified]タブで[User Specified]ボタンをクリックし、インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のcdata.jdbc.reckon.jar ファイルを選択します。
  5. [Driver Class]メニューでReckonDriver クラス、cdata.jdbc.reckon.ReckonDriver を選択します。

JDBC データソースへの接続を定義

下記の手順に従って、JDBC URL に接続プロパティを入力します。

  1. [Database] タブで[Database Connection]ノードを右クリックし、[Create a Database Connection]をクリックします。
  2. [Connection]セクションで以下のオプションを設定します:

    • Database Type:ウィザードオプションを選択した場合は、データベースの種類は自動検出される。ウィザードを使用しないオプションを選択した場合は、[Database Type]メニューから[Generic]または[Auto Detect]オプションを選択。
    • Driver:先ほど作成したドライバーを選択。
    • Database URL:フルJDBC URL を入力。JDBC URL シンタックスは以下のとおりです。 jdbc:reckon: 次に、セミコロン区切りでname-value ペアの接続プロパティを入力します。

      ローカルReckon インスタンスに接続する場合は、接続プロパティを設定する必要はありません。

      本製品は、リモートコネクタ経由でReckon にリクエストを作成します。Remote Connector はReckon と同じマシン上で動作し、軽量の組み込みWeb サーバーを介して接続を受け入れます。サーバーはSSL/TLS をサポートし、ユーザーにリモートマシンからのセキュアな接続を可能にします。

      初めて組織ファイルに接続するときは、リモートコネクタをReckon で認可する必要があります。詳細はヘルプドキュメントの「はじめに」を参照してください。

      一般的な接続文字列は次のとおりです。

      jdbc:reckon:User=RCUser;Password=RCUserPassword;URL=http://remotehost:8166;
    • Database UserId:Reckon を認証するユーザーネーム。
    • Database Password:Reckon を認証するパスワード。
  3. [Connection]タブで[Connect]をクリックします。

QuickBooks JDBC Driver が表示するテーブルをブラウズするには、テーブルを右クリックし[Open In New Tab]をクリックします。

SQL クエリの実行には、SQL Commander ツールを使います:[SQL Commander]>[New SQL Commander]をクリックします。利用可能なメニューから[Database Connection]、[Database]、[Schema]を選択します。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。