製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

Tibco Spotfire から、ODBC 経由でRedshift データに連携してビジュアライズ

ODBC 標準はユビキタスをサポートし、セルフサービスBI を簡単にします。ODBC Driver を使ってRedshift をTIBCO Spotfire にローディングします。



この記事では、CData ODBC Driver for Redshift をTIBCO Spotfire で使う方法を説明します。データインポートウィザードを使ってのDSN(データソース名)に接続し、サンプルビジュアライゼーション上でビルドして簡単なダッシュボードを作成します。

  1. 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で行います。Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。一般的な接続プロパティは以下のとおりです:

    • User
    • Password
    • Database
    • Server
    • Port

    Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターで必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

    Redshift への接続には次を設定します:

    • Server: 接続するデータベースをホストしているクラスタのホスト名およびIP アドレス。
    • Port: クラスタのポート。
    • Database: データベース名、ブランクの場合ユーザーのデフォルトデータベースになります。
    • User: ユーザー名。
    • Password: ユーザーのパスワード。

    Server およびPort の値はAWS の管理コンソールで取得可能です:

    1. Amazon Redshift console (http://console.aws.amazon.com/redshift) を開く。
    2. Clusters ページで、クラスタ名をクリック。
    3. クラスタのConfiguration タブで、表示された接続文字列からクラスタのURL をコピーします。

    4. [File]>[Add Data Tables]をクリックします。
    5. ライブデータを使いたい場合は、[Keep Data Table External]オプションをクリックします。このオプションは、データの変更をリアルタイムでダッシュボードに反映します。また、大量のデータを扱う場合に、ネットワークのロード回数を低減します。

      データをメモリにロードしてローカルで処理したい場合は、[Import Data Table]オプションをクリックします。このオプションは、オフラインでの使用、またはスローなネットワーク接続によりダッシュボードがインタラクティブでない場合に使用します。

    6. [Add]>[Database]をクリックします。
    7. [Data Source Type]メニューでODBC Provider を選択し[Configure]をクリックします。
    8. DSN を選択します。
    9. ダッシュボードに追加したいテーブルを選択します。この例ではOrders を使います。SQL クエリも指定できます。ドライバーは標準SQL シンタックスをサポートしています。
    10. テーブルを追加すると[Recommended Visualizations]ウィザードが表示されます。テーブルを選択すると、Spotfire はカラムのデータ型を使ってnumber、time、category カラムを検出します。この例ではNumbers セクションでShipCity を、Categories セクションでShipName を使用しています。

    [Recommended Visualizations]ウィザードでいくつかビジュアライズしたら、ダッシュボードにその他の修正を加えられます。例えば、ページにフィルタを適用することで、高確率なopportunities にズームインできます。フィルタを追加するには、[Filter]ボタンをクリックします。各クエリで利用可能なフィルタは、[Filters]ペインに表示されます。

 
 
ダウンロード