Sage 50 UK データをR で分析

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sage 50 UK JDBC Driver

Sage 50 UK への完全な読み書きアクセスにより、任意のJava / J2EE アプリケーションから検索(顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなど)、アイテムの更新、顧客の編集などを実行できます。



CData JDBC Driver for Sage 50 UKで標準的なR 関数とお好みの開発環境を使って、 Sage 50 UK を分析。



Pure R スクリプトおよび 標準SQL を使って、R およびJava をインストール可能なあらゆるマシン上でSage 50 UK にアクセス。CData JDBC Driver for Sage 50 UK とRJDBC package を使って、R でリモートSage 50 UK data を利用できます。CData Driver を使うことで、業界が認めた基準で書かれたドライバーを活用して、オープンソースでポピュラーなR 言語のデータにアクセスできます。この記事では、ドライバーを使ってSage 50 UK にSQL クエリを実行する方法、および標準R 関数を呼び出してSage 50 UK をビジュアライズする方法について説明します。

R をインストール

マルチスレッドのMicrosoft R Open を実行すること、またはBLAS/LAPACK ライブラリにリンクされたオープン R を実行することによって、マルチスレッドおよびマネージドコードから利益を得られたドライバーのパフォーマンスにマッチできます。ここでは、Microsoft R Open 3.2.3 を使用します。CRAN レポジトリのJan. 1, 2016 snapshot からパッケージをインストールするために事前設定されています。このsnapshot は再現性を保証します。

RJDBC パッケージをロード

ドライバーを使うにはRJDBC パッケージをダウンロードします。RJDBC パッケージをインストールしたら、次のコードを入力してパッケージをロードします。

library(RJDBC)

JDBC データソースとしてSage 50 UK に接続

下記の情報を使いSage 50 UK にJDBC データソースとして接続します。

  • Driver Class:cdata.jdbc.sage50uk.Sage50UKDriver に設定。
  • Classpath:Driver JAR の場所を設定します。デフォルトではインストールディレクトリの[lib]サブフォルダです。

dbConnect やdbSendQuery のようなDBI 関数は、R にデータアクセスコードを書くための統一インターフェースを提供します。

driver <- JDBC(driverClass = "cdata.jdbc.sage50uk.Sage50UKDriver", classPath = "MyInstallationDir\lib\cdata.jdbc.sage50uk.jar", identifier.quote = "'")

これで、DBI 関数を使ってSage 50 UK に接続しSQL クエリを実行する準備が整いました。dbConnect 関数を使ってJDBC 接続を初期化します。一般的なJDBC 接続文字列は次のとおりです。

conn <- dbConnect(driver,"URL=http://your-server:5493/sdata/accounts50/GCRM/your-address;User=Manager;")

Note:Sage 50 UK 2012 以降のみサポートされています。

「接続」セクションのUser およびPassword プロパティを、有効なSage 50 UK のユーザー資格情報に設定する必要があります。これらの値は、Sage 50 UK に ログインするために使用するものと同じです。

さらに、「接続」セクションのURL プロパティを、希望する会社データセットのアドレスに設定する必要がります。アドレスを取得するには、以下を行ってください:

  1. Sage 50 UK ソフトウェアを開きます。
  2. 「Tools」->「Internet Options」をクリックします。
  3. 「SData Settings」タブを選択します。
  4. 「Sage 50 Accounts」の隣にある「Details」ボタンをクリックします。会社名のリストとそれに対応するデータセットのアドレスを含むウィンドウが表示されます。
  5. URL プロパティを希望する会社の隣にあるアドレスフィールドの値に設定します。

スキーマ Discovery

ドライバーはSage 50 UK API をリレーショナルデータベース、ビュー、ストアドプロシージャとしてモデルします。次のコードを使ってテーブルリストを検出します。

dbListTables(conn)

SQL クエリの実行

dbGetQuery 関数を使ってSage 50 UK API がサポートするすべてのSQL クエリを実行できます:

tradingaccounts <- dbGetQuery(conn,"SELECT Name, FinanceBalance FROM TradingAccounts")

次のコマンドを使って、結果を[data viewer]ウィンドウで見ることができます。

View(tradingaccounts)

Sage 50 UK Data をプロット

CRAN レポジトリで利用可能なあらゆるデータ初期化パッケージを使ってSage 50 UK を分析する準備が整いました。ビルトインバーのplot 関数を使って簡単なバーを作成できます。

par(las=2,ps=10,mar=c(5,15,4,2)) barplot(tradingaccounts$FinanceBalance, main="Sage 50 UK TradingAccounts", names.arg = tradingaccounts$Name, horiz=TRUE)