RazorSQL からSage 50 UK データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sage 50 UK JDBC Driver

Sage 50 UK への完全な読み書きアクセスにより、任意のJava / J2EE アプリケーションから検索(顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなど)、アイテムの更新、顧客の編集などを実行できます。



データベース管理ツールのRazorSQL からGUI でウィザードとクエリからSage 50 UK データに連携する。.

CData JDBC Driver for Sage 50 UK を使って、各種ツールからSage 50 UK データにアクセスすることが可能になります。本記事では、Sage 50 UK データにRazorSQL のウィザードから連携利用する方法を紹介します。

Sage 50 UK JDBC Data Source の設定

  1. RazorSQL アプリケーションを開いて、Connections メニューから、Add Connection Profile -> Other -> JDBC にナビゲートします。
  2. Connection Wizard で、以下を設定します:
    • Driver Location:JDBC Driver のインストールディレクトリのlib サブフォルダに設定します。
    • Driver Class: ドライバークラスを cdata.jdbc.sage50uk.Sage50UKDriver に設定します。
    • Username:ユーザー名。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • Password:パスワード。(ユーザー名をブランクにして、JDBC URL 内で設定することも可能です。)
    • JDBC URL:接続パラメータを入力します:jdbc:sage50uk: から始まるJDBC URL を入力します。接続プロパティをカンマ区切りで書きます。

      Note:Sage 50 UK 2012 以降のみサポートされています。

      [接続]セクションのUser およびPassword プロパティを、有効なSage 50 UK のユーザー資格情報に設定する必要があります。これらの値は、Sage 50 UK に ログインするために使用するものと同じです。

      さらに、[接続]セクションのURL プロパティを、希望する会社データセットのアドレスに設定する必要がります。アドレスを取得するには、以下を行ってください:

      1. Sage 50 UK ソフトウェアを開きます。
      2. [Tools]->[Internet Options]をクリックします。
      3. [SData Settings]タブを選択します。
      4. [Sage 50 Accounts]の隣にある[Details]ボタンをクリックします。会社名のリストとそれに対応するデータセットのアドレスを含むウィンドウが表示されます。
      5. URL プロパティを希望する会社の隣にあるアドレスフィールドの値に設定します。

      一般的なURL ::

      jdbc:sage50uk:URL=http://your-server:5493/sdata/accounts50/GCRM/your-address;User=Manager;
  3. Note:Sage 50 UK 2012 以降のみサポートされています。

    [接続]セクションのUser およびPassword プロパティを、有効なSage 50 UK のユーザー資格情報に設定する必要があります。これらの値は、Sage 50 UK に ログインするために使用するものと同じです。

    さらに、[接続]セクションのURL プロパティを、希望する会社データセットのアドレスに設定する必要がります。アドレスを取得するには、以下を行ってください:

    1. Sage 50 UK ソフトウェアを開きます。
    2. [Tools]->[Internet Options]をクリックします。
    3. [SData Settings]タブを選択します。
    4. [Sage 50 Accounts]の隣にある[Details]ボタンをクリックします。会社名のリストとそれに対応するデータセットのアドレスを含むウィンドウが表示されます。
    5. URL プロパティを希望する会社の隣にあるアドレスフィールドの値に設定します。

Sage 50 UK からテーブルを選択してクエリを実行

接続を確立後、Wizard が閉じ、接続はコネクションパネルで接続が利用可能になります。テーブルをクエリしてみます。