今すぐお試しください!

製品の詳細CData ODBC Driver for Sage 50 UK を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Sage 50 UK データをA5:SQL Mk-2 でCRUD クエリする方法

ODBC Driver 経由でAPI コーディングなしでSage 50 UK データを自在にCRUD。



SQL 開発ツールといえば「A5:SQL Mk-2」が有名です。Windows ODBC に強い!というイメージです。多くのエンジニアやIT 担当者に利用されています。 本記事では、Sage 50 UK データをCData ODBC Driver を使って、A5:SQL MK-2 からクエリする方法を説明します。

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

CData ODBC Drivers のインストールとSage 50 UK への接続設定

ODBC 接続プロパティの指定がまだの場合は、DSN (データソース名)で接続設定を行います。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使ってODBC DSN を作成および設定できます。 ODBC ドライバーのインストール完了時にODBC DSN 設定画面が立ち上がります。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを開いて設定を行うことも可能です。 必要なプロパティを設定する方法は、ヘルプドキュメントの「はじめに」をご参照ください。

MA5m2 からのSage 50 UK ODBC データソースのクエリ利用方法

ODBC DSN の利用方法

[データベース]→[データベースの追加と削除]を開きます。

[64bit ODBCシステムデータソースを列挙する]にチェックを入れます。システムデータソースを利用するか、ユーザーデータソースを利用するかはどちらでもかまいません。

データベースとして、設定しているODBC DSN がツリービューで表示されます。CData ODBC Driver で設定されたDSN もここに表示されます。

[CData Sage 50 UK Sys]をダブルクリップします。データベースログイン画面が開くので、ODBC DSN 設定時に使ったSage 50 UK のユーザーとパスワードでログインします。

Sage 50 UK のオブジェクトがテーブル・ビュー・ストアドプロシージャにモデル化されて表示されます。

テーブルを開いてみます。オブジェクトで利用できるデータがカラムとしてモデル化されています。それぞれのカラムにはデータ型の情報も付いています。

これでA5 SQL Mk2 でSage 50 UK データがクエリできます。

Sage 50 UK データをSELECT する

対象のテーブル・ビューを右クリックして[SQL の作成]をクリックしてクエリ作成画面を開きます。

SELECT にチェックを入れます。とりあえず全カラムを指定して条件なしでクエリしてみます。

SQL クエリがA5M2 から生成されます。実行ボタンで実行するとSage 50 UK の選択したオブジェクトがクエリされ、データがテーブルとして返されます。

次にフィルタリング条件を付けてみます。SQL の作成画面で「絞り込み条件に利用するカラム」をドロップダウンから選択します。以下の絞り込み条件付きのSQL 文がA5M2から生成されるので、WHERE 句に条件を書いて実行します。

--*DataTitle "Sage 50 UK"."(テーブル名)" --*CaptionFromComment SELECT "Id" -- Id , "LastName" -- LastName , "FirstName" -- FirstName , "Name" -- Name , "Title" -- Title , "Company" -- Company , "Status" -- Status , "Industry" -- Industry FROM "Sage50UK"."Lead" WHERE "Company" = '(フィルタリング条件を入力)'

同じ要領でSQL 作成UI からSELECT だけでなく、INSERT、UPDATE、DELETE のクエリが作成できます。JOIN や集計クエリもANSI-92 のSQL で作れます。

このように、CData ODBC Drivers を使うことで、Sage 50 UK データを標準SQL でクエリすることができるようになります。是非、CData ODBC Drivers の30日の無償評価版 をお試しください。

 
 
ダウンロード