製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Sage UK ODBC Driver

Sage 50 UK ODBC ドライバーは、ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからリアルタイムなSage 50 UK データに直接接続できるパワフルなツールです。標準のODBC ドライバーインタフェースを使用して、データベースのようにSage データにアクセスし、Sage の顧客、トランザクション、請求書、販売レシートなどの読み、書き、更新を実行できます。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

PHP からSage 50 UK にデータ連携。


CData ODBC driver for Sage 50 UK を使って、PHP アプリケーションからSage 50 UK にデータ連携。PHP でのODBC ネイティブサポートを活用。


ODBC

CData ODBC Driver for Sage 50 UK は、PHP アプリケーションからのSage 50 UK データへの連携を可能にします。本記事では、Sage 50 UK データをPHP のビルトインODBC 機能でクエリを実行する手順を説明します。

DSN の設定

Sage 50 UK に接続するDSN を作成します。

  1. まずODBC DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレータを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    Note:Sage 50 UK 2012 以降のみサポートされています。

    「接続」セクションのUser およびPassword プロパティを、有効なSage 50 UK のユーザー資格情報に設定する必要があります。これらの値は、Sage 50 UK に ログインするために使用するものと同じです。

    さらに、「接続」セクションのURL プロパティを、希望する会社データセットのアドレスに設定する必要がります。アドレスを取得するには、以下を行ってください:

    1. Sage 50 UK ソフトウェアを開きます。
    2. 「Tools」->「Internet Options」をクリックします。
    3. 「SData Settings」タブを選択します。
    4. 「Sage 50 Accounts」の隣にある「Details」ボタンをクリックします。会社名のリストとそれに対応するデータセットのアドレスを含むウィンドウが表示されます。
    5. URL プロパティを希望する会社の隣にあるアドレスフィールドの値に設定します。

一般的な接続文字列:

URL=http://your-server:5493/sdata/accounts50/GCRM/your-address;User=Manager;

ビルトインのデータソースアドミニストレーターでDSN 設定をします。ドライバーのインストールの最後にアドミニストレーターが開きます。ヘルプの「はじめに」でODBC データソースアドミニストレータでSage 50 UK に接続するDSN の設定方法を参照してください。

Sage 50 UK への接続の確立

odbc_connect を呼び出して、Sage 50 UK への接続を開きます。 odbc_pconnect メソッドでも可能です。コネクションを閉じるには、odbc_close もしくはodbc_close_all を使います。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Sage 50 UK Source","user","password");

コネクションはodbc_connect で開かれ、スクリプトが終わると終了します。odbc_pconnect メソッドで開いたコネクションは、スクリプトが終わっても開いたままです。これにより同じクレデンシャルであれば他のスクリプトでコネクションを共有することが可能です:

$conn = odbc_pconnect("CData ODBC Sage 50 UK Source","user","password"); ... odbc_close($conn); //persistent connection must be closed explicitly

エレメントの作成

odbc_prepare を使って、Prepared ステートメントおよびパラメータライズドクエリを作成します。

$query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM TradingAccounts WHERE TradingAccountUUID = ?");

クエリの実行

Prepared ステートメントをodbc_execute を使って実行します。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Sage 50 UK Source","user","password"); $query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM TradingAccounts WHERE TradingAccountUUID = ?"); $success = odbc_execute($query, array('c2ef66a5-a545-413b-9312-79a53caadbc4'));

Non-Parameterized クエリは、odbc_exec を使います。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Sage 50 UK Source","user","password"); $query = odbc_exec($conn, "SELECT * FROM TradingAccounts");

結果の処理

odbc_fetch_array ファンクションの結果セット配列としてアクセスします。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Sage 50 UK data Source","user","password"); $query = odbc_exec($conn, "SELECT * FROM TradingAccounts"); while($row = odbc_fetch_array($query)){ echo $row["Name"] . "\n"; }

odbc_result_all ファンクションで、結果セットをHTML テーブルとして表示します。

$conn = odbc_connect("CData ODBC Sage 50 UK data Source","user","password"); $query = odbc_prepare($conn, "SELECT * FROM TradingAccounts WHERE TradingAccountUUID = ?"); $success = odbc_execute($query, array('c2ef66a5-a545-413b-9312-79a53caadbc4')); if($success) odbc_result_all($query);

サンプルクエリのテスト

スタンドアロンのテスト環境をたちあげる簡単な方法はPHP のビルトインテストサーバーを使うことです。手順はこちらです:

  1. PHP の最新版のバイナリのダウンロード。

  2. フォルダにファイルを入れる。

  3. フォルダを開く。

  4. php.ini-development をphp.ini に変更。

  5. ブラウザからテストスクリプトにアクセスするためのコマンドを実行。

    php -S localhost:8000 -t C:\path-to-your-scripts -c C:\path-to-php\php.ini

他のサンプルクエリ

サポートされているSQL の詳細は、ヘルプドキュメントを参照してください。上のサンプルは、PHP community documentation for all ODBC functions のSage 50 UK に特化したものです。