今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for Sansan を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Sansan データをYellowfin に連携してビジュアライズ

Sansan をBI ツールのYellowfin にデータ接続して、データソースとする方法。



CData JDBC Driver for Sansan は、JDBC 標準をインプリメントし、BI ツールからIDE まで幅広いアプリケーションでSansan への接続を提供します。この記事では、Yellowfin からSansan data に接続する方法を説明します。

Sansan データのJDBC データソースを作成

下記の手順に従って、YellowfinからSansan のJDBCドライバを追加します。

この手順は主にYellowfinの画面を使って進めていきます。

  1. メニューバーの中から「管理」→「管理コンソール」画面へ。 管理コンソール画面の右側にある「管理」メニューから「プラグイン管理」を選択。
  2. プラグイン管理画面、右側の「追加」をクリックし、「新規プラグイン」の画面を出す。
  3. ここでドロップできる拡張子が.jar.yfpなのでそれに合わせてファイルを変更する必要があります。
    1. CDATA JDBC Driver インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内にcdata.jdbc.sansan.jar とcdata.jdbc.sansan.licファイルがあることを確認する。
    2. cdata.idbc.sansan.licファイルを圧縮。
    3. 圧縮してできたファイルcdata.jdbc.sansan.zipの名前をcdata.jdbc.sansan.lic.jarに変更。
  4. 上記で作ったcdata.jdbc.sansan.lic.jarともともとあったcdata.jdbc.sansan.jarを新規プラグイン画面にドラッグ。

※YellowfinをインストールしたマシンとJDBCドライバーをインストールしたマシンが同じものでないとエラーが起こってしまいます。

次にYellowfinの管理コンソールからデータソースを追加します。下記の手順に従って以下の項目を設定します。

  1. 「管理」→「データソース」→「追加」を選択。
  2. 新規接続画面で「データベース」を選択すると「接続設定」の画面に行きます。
    • 名前:任意(CDataSansan)
    • 説明:任意
    • データベースタイプ:Generic JDBC Data Source(選択後以下二つが出てきます)
    • ドライバー:cdata.jdbc.sansan.SansanDriver
    • 接続文字: jdbc:sansan: に続けてセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。
      一般的なJDBC URL は次の通りです:
      jdbc:sansan:APIKey=myApiKey; Sansan向けの接続文字はcdata製品マニュアルの[接続の確立]をご覧ください。
    • ユーザー名:Sansanのユーザー名
    • パスワード:Sansanのパスワード

上記の入力が終わったらビュー作成を選択します。

Sansan データのビューを作成

ビュー作成を行っていきます。

[ビュー作成]で以下の項目を設定します。

  • ビューのタイプを選択:任意
  • テーブルを選択:分析に用いるテーブルを選択します。
  • ビュー名:ビューの名前
  • ビュー説明:ビューの説明

[Step1. ドラッグ&ドロップエディタ]にて、左側のデータベーステーブル一覧から参照するテーブルを選択してドラッグドロップで[カラム]または[ロウ]エリアに配置します。

[Step2. グラフ]にて、グラフの形や詳細設定を行っていきます。

「保存」「有効化」を行いビューを保存します。

このようにSansan 内のデータをAPI を書くことなくYellowfin 上で表示することができるようになります。

サポートされるSQL についての詳細は、ヘルプドキュメントの「サポートされるSQL」をご覧ください。テーブルに関する情報は「データモデル」をご覧ください。

 
 
ダウンロード