Jetty コネクションプールからSAP Netweaver Gateway データに連携。

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SAP Netweaver Gateway JDBC Driver

SAP Netweaver Gateway に連携するJava アプリケーションを素早く、簡単に開発できる便利なドライバー。



CData JDBC Driver for SAP Netweaver Gateway は、コネクションプーリングをサポートします:本記事では、Jetty のWeb アプリからSAP Netweaver Gateway データに連携する手順を説明します。

CData JDBC driver for SAP Netweaver Gateway は、Java Web アプリケーションに簡単に統合して利用することができます。本記事では、Jetty でドライバーをコネクションプールとして設定することで、効率的にSAP Netweaver Gateway データをアプリケーションで連携利用する方法を説明します。Jetty でJNDI resource for SAP Netweaver Gateway を設定します。

DBC Driver for SAP Netweaver Gateway を JNDI Data Source として設定

次の手順で、Jetty とSAP Netweaver Gateway の接続を確立します。

  1. Jetty ベースでJNDI モジュールを有効化します。JNDI を有効化するコマンドラインは以下の通り:

    java -jar ../start.jar --add-to-startd=jndi
  2. JDBC Driver の.jar ファイルと.lic ファイル(インストールディレクトリのlib フォルダ下)をcontext path のlib フォルダに配置します。
  3. リソースおよびスコープを宣言します。リソース宣言で必要な接続プロパティを入力します。この例では、SAP Netweaver Gateway データソースをWeb アプリケーションのWEB-INF\jetty-env.xml レベルにdeclare しています。

    <Configure id='sapgatewaydemo' class="org.eclipse.jetty.webapp.WebAppContext"> <New id="sapgatewaydemo" class="org.eclipse.jetty.plus.jndi.Resource"> <Arg><Ref refid="sapgatewaydemo"/></Arg> <Arg>jdbc/sapgatewaydb</Arg> <Arg> <New class="cdata.jdbc.sapgateway.SAPGatewayDriver"> <Set name="url">jdbc:sapgateway:</Set> <Set name="User">user</Set> <Set name="Password">password</Set> <Set name="URL">https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/</Set> </New> </Arg> </New> </Configure>

    SAP Gateway はBasic 認証とOAuth 2.0 認証の両方を許可します。Basic 認証を使用して自分のアカウントに接続するか、OAuth を使用して他のユーザーが彼らのアカウントでサービスからデータを取得できるようにすることができます。基本となる認証情報に加え、SAP Gateway テーブルへのアクセスには以下の追加プロパティが必要です。

    • Url: 環境のURL、またはサービスの完全URL に設定。例えば、完全URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com/sap/opu/odata/IWBEP/GWSAMPLE_BASIC/。この例では、環境URL は次のようになります:https://sapes5.sapdevcenter.com。
    • Namespace: 適切なService Namespace を設定。先ほどの例では、IWBEP が名前空間です。サービスへの完全URL が指定されている場合は任意です。
    • Service: データを取得するサービスに設定。先ほどの例では、サービスはGWSAMPLE_BASIC です。完全URL が指定されている場合は必須ではありません。

    Basic 認証での認証

    Basic 認証では、自分のログインクレデンシャルを使用して接続します。次のプロパティを設定します。

    • User: これはSAP Gateway へのログインに使用するユーザー名です。
    • Password: これはSAP Gateway へのログインに使用するパスワードです。

    OAuth 認証での認証

    ユーザー資格情報の接続プロパティを設定せずに接続できます。 接続すると、本製品はデフォルトブラウザでSAP Gateway OAuth エンドポイントを開きます。ログインして、本製品にアクセス許可を与えます。本製品が以下のOAuth プロセスを完了します。 他のOAuth 認証フローについては、ヘルプドキュメントの「OAuth 認証の使用」を参照してください。

  4. Web xml でリソースを設定します:

    jdbc/sapgatewaydb javax.sql.DataSource Container
  5. これで、java:comp/env/jdbc/sapgatewaydb へのルックアップでSAP Netweaver Gateway データにアクセスできます: InitialContext ctx = new InitialContext(); DataSource mysapgateway = (DataSource)ctx.lookup("java:comp/env/jdbc/sapgatewaydb");

Jetty にさらに統合

ここでは、シンプルなコネクションプーリングシナリオでのドライバーの接続について説明しました。追加での連携ケースについては、Jetty ドキュメントのWorking with Jetty JNDI  参照してください。