今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SAP SuccessFactors を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

JDBI からSAP SuccessFactors Data のデータアクセスオブジェクトを作成

JDBI でSAP SuccessFactors data 用のSQL オブジェクトAPIを作成する方法を概説します。

JDBI は、Fluent スタイルとSQL オブジェクトスタイルという2つの異なるスタイルAPI を公開する、Java 用のSQL コンビニエンスライブラリです。CData JDBC Driver for SAP SuccessFactors は、Java アプリケーションとリアルタイムSAP SuccessFactors data のデータ連携を実現します。これらの技術を組み合わせることによって、SAP SuccessFactors data へのシンプルなコードアクセスが可能になります。ここでは、基本的なDAO(Data Access Object )とそれに付随するSAP SuccessFactors data の読み書きのためのコードの作成について説明します。

SAP SuccessFactors ExtAddressInfo Entity のDAO を作成

The interface below declares the desired behavior for the SQL object to create a single method for each SQL statement to be implemented.

public interface MyExtAddressInfoDAO { //insert new data into SAP SuccessFactors @SqlUpdate("INSERT INTO ExtAddressInfo (city, zipCode) values (:city, :zipCode)") void insert(@Bind("city") String city, @Bind("zipCode") String zipCode); //request specific data from SAP SuccessFactors (String type is used for simplicity) @SqlQuery("SELECT zipCode FROM ExtAddressInfo WHERE city = :city") String findzipCodeBycity(@Bind("city") String city); /* * close with no args is used to close the connection */ void close(); }

SAP SuccessFactors への接続を開く

Collect the necessary connection properties and construct the appropriate JDBC URL for connecting to SAP SuccessFactors.

Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

Basic 認証

SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • Password: アカウントのパスワードに設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

OAuth 認証

アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

  • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
  • User: アカウントのユーザー名に設定。
  • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
  • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
  • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
  • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

ビルトイン接続文字列デザイナー

For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the SAP SuccessFactors JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

java -jar cdata.jdbc.sapsuccessfactors.jar

Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

A connection string for SAP SuccessFactors will typically look like the following:

jdbc:sapsuccessfactors:User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;

Use the configured JDBC URL to obtain an instance of the DAO interface.The particular method shown below will open a handle bound to the instance, so the instance needs to be closed explicitly to release the handle and the bound JDBC connection.

DBI dbi = new DBI("jdbc:sapsuccessfactors:User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;"); MyExtAddressInfoDAO dao = dbi.open(MyExtAddressInfoDAO.class); //do stuff with the DAO dao.close();

SAP SuccessFactors Data について

With the connection open to SAP SuccessFactors, simply call the previously defined method to retrieve data from the ExtAddressInfo entity in SAP SuccessFactors.

//disply the result of our 'find' method String zipCode = dao.findzipCodeBycity("Springfield"); System.out.println(zipCode);

SAP SuccessFactors Data の書き方

It is also simple to write data to SAP SuccessFactors, using the previously defined method.

//add a new entry to the ExtAddressInfo entity dao.insert(newcity, newzipCode);

Since the JDBI library is able to work with JDBC connections, you can easily produce a SQL Object API for SAP SuccessFactors by integrating with the CData JDBC Driver for SAP SuccessFactors.Download a free trial and work with live SAP SuccessFactors data in custom Java applications today.

 
 
ダウンロード