今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SAP SuccessFactors を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Pentaho Report Designer にSAP SuccessFactors データに連携して分析

Pentaho BI ツールでSAP SuccessFactors のレポートを作成。



CData JDBC Driver for SAP SuccessFactors はダッシュボードや帳票ツールからリアルタイムSAP SuccessFactors データへの連携を可能にします。この記事では、SAP SuccessFactors をJDBC データソースとして接続する方法と、Pentaho でSAP SuccessFactors を元に帳票を作成する方法を説明します。

接続と帳票の作成

  1. インストールディレクトリの[lib]サブフォルダ内のJAR ファイルをコピーし、Pentaho のディレクトリ内の\Report-Designer\lib\jdbc\ フォルダに配置します。
  2. \Report-Designer\ フォルダのreport-designer.bat ファイルを起動し、Report-Designer UI を開きます。
  3. 以下の手順でドライバーを新しいデータソースに設定します。[Data]>[Add Data Source]>[Advanced]>[JDBC (Custom)]とクリックし、新しいSAP SuccessFactors 接続を作成します。ダイアログが表示されたら、次のように接続プロパティを設定します。

    • Custom Connection URL property:JDBC URL を入力。初めに以下を入力し jdbc:sapsuccessfactors: 次にセミコロン区切りで接続プロパティを入力します。

      Basic 認証またはOAuth with SAML アサーションを使用して、SAP SuccessFactors に認証できます。

      Basic 認証

      SAP SuccessFactors に正常に認証するには、次のプロパティの値を指定する必要があります。プロバイダーは、Cookie を使用してSAP SuccessFactors によって開かれたセッションを再利用することに注意してください。つまり、セッションを開く最初のリクエストでのみクレデンシャルが使用されます。その後、SAP SuccessFactors から返されたCookie が認証に使用されます。

      • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
      • User: アカウントのユーザー名に設定。
      • Password: アカウントのパスワードに設定。
      • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。

      OAuth 認証

      アクセストークンを取得するために使用される、次のプロパティの値を指定する必要があります。

      • Url: Success Factors をホストするサーバーのURL に設定。一部のサーバーがリストされています。SAP support documentation(外部リンク)。
      • User: アカウントのユーザー名に設定。
      • CompanyId: 会社の一意の識別子に設定。
      • OAuthClientId: API Center で生成されたAPI Key に設定。
      • OAuthClientSecret: SAML アサーションの署名に使用されるX.509 プライベートキー。プライベートキーは、[Registering your OAuth Client Application]でダウンロードした証明書に記載されています。
      • InitiateOAuth: GETANDREFRESH に設定。

      以下は一般的なJDBC URL です:

      jdbc:sapsuccessfactors:User=username;Password=password;CompanyId=CompanyId;Url=https://api4.successfactors.com;
    • Custom Driver Class Name:cdata.jdbc.sapsuccessfactors.SAPSuccessFactorsDriver と入力。
    • User Name:認証するユーザーネーム。
    • Password:認証するパスワード。

レポートに SAP SuccessFactors データを追加

これで、SAP SuccessFactors の帳票を作成する準備が整いました。

  1. 帳票にSAP SuccessFactors データソースを追加します:[Data]>[Add Data Source]>[JDBC]をクリックし、データソースを選択します。

  2. クエリを設定します。この記事では次を使います:

    SELECT address1, zipCode FROM ExtAddressInfo WHERE city = 'Springfield'
  3. 帳票にチャートをドラッグし、ダブルクリックしてチャートを編集します。帳票を実行して、チャートを表示します。このクエリ結果を使って、ExtAddressInfo テーブルのシンプルなチャートを作成することができます。
  4. 帳票を実行して、チャートを見てみましょう。
 
 
ダウンロード