Connect to SAS xpt Data from PowerBuilder

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SASxpt ODBC Driver

SASxpt ODBC Driver を使って、ODBC 接続をサポートするあらゆるアプリケーション・ツールからSAS xpt (XPORT) ファイルデータにデータ連携。

SAS xpt (XPORT) ファイルにデータベースと同感覚でアクセスして、使い慣れたODBC インターフェースで双方向連携。



This article demonstrates how to use the CData ODBC Driver for SAS xpt to connect to SAS xpt data and execute queries in PowerBuilder.

The CData ODBC Driver for SAS xpt can be used from any platform or development technology that supports ODBC, including Sybase PowerBuilder. This article shows how to connect to SAS xpt data and execute queries from the Database Painter and controls such as the DataWindow.

※製品について詳しい情報をご希望の方は以下からお進みください。

Create a Profile for the ODBC Driver for SAS xpt

Follow the steps below to use the Database Painter tool to create a database profile based on an ODBC DSN (data source name) for SAS xpt. In the Database Painter, you can use wizards and the UI to work with SAS xpt data.

  1. If you have not already done so, create an ODBC DSN for SAS xpt. The DSN contains the connection properties required to connect to SAS xpt data. You can use the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure DSNs. This is the last step of installing the driver. Required connection properties are the following:
    • URI

    ローカルSASXpt ファイルへの接続

    URI をSASXpt ファイルを格納しているフォルダに設定すると、ローカルのSASXpt ファイルに接続できます。

    S3 データソースへの接続

    Amazon S3 ソースに接続してSASXpt ファイルを読み込むことができます。以下のプロパティを設定して接続します:

    • URI:接続するバケット内のフォルダに設定。
    • AWSAccessKey:AWS アカウントのアクセスキーに設定。
    • AWSSecretKey:AWS アカウントのシークレットキーに設定。
    • TemporaryLocalFolder:SASXptファイルを一時的にダウンロードするために使用するフォルダへのパス、またはURI に設定。

    Azure Data Lake Storage Gen2 への接続

    ADLS Gen2 に接続してSASXpt ファイルを読み込むことができます。以下のプロパティを設定して接続します:

    • URI:ファイルシステムの名前およびSASXpt ファイルにコンタクトするフォルダの名前に設定。
    • AzureAccount:Azure Data Lake storage アカウントの名前に設定。
    • AzureAccessKey:Azure Data Lake storage Gen 2 ストレージアカウントのアクセスキーに設定。
    • TemporaryLocalFolder:SASXptファイルを一時的にダウンロードするために使用するフォルダへのパス、またはURI に設定。

    See the help documentation for a guide to creating a SAS xpt DSN.
  2. In PowerBuilder, click Tools -> Database Painter.
  3. In the Objects window in the Database Painter, right-click the ODBC node and click New Profile.
  4. On the Connection tab, enter a name for the profile and select the SAS xpt DSN in the Data Source menu.
  5. To view and modify a table, right-click a table and then click Edit Data -> Grid.

Using SAS xpt Data with PowerBuilder Controls

You can use standard PowerBuilder objects to connect to ODBC data sources and execute queries. The following example shows how to retrieve SAS xpt data into a DataWindow. You can add the following code to the open method:

SQLCA.DBMS = "ODBC" SQLCA.DBParm = "ConnectString='DSN=CData SAS xpt Source'" CONNECT USING SQLCA; dw_sampletable_1.SetTransObject(SQLCA); dw_sampletable_1.Retrieve();