今すぐお試しください!

製品の詳細CData JDBC Driver for SFTP を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

Oracle Data Integrator ETL からSFTP データ連携

この記事では、Oracle Data Integratorを使用してSFTP data をデータウェアハウスに転送する方法を説明します。

SFTP への読み書きにJDBC 標準を使用して既存のスキルを活用します。 CData JDBC Driver for SFTP は、Oracle Data Integrator(ODI)などのETL ツールへの統合によって、リアルタイムのSFTP data をデータウェアハウス、ビジネスインテリジェンス、およびビッグデータテクノロジに連携します。

JDBC 接続を使用すると、ODI 内の他のデータベースと同じようにSFTP を使用できます。RDBMS やフラットファイルを使用する代わりに、ドライバーを使用してリアルタイムでSFTP API に直接連携できます。

ここでは、JDBC を利用したSFTP - Oracle のETL 連携を行います。SFTP エンティティのデータモデルをリバースエンジニアリングした後、マッピングを作成してだdata loading strategy を選択します。ドライバーはSQL-92 をサポートしているため、この最後の手順は組み込みSQL からSQL Loading を選択することで簡単に行えます。

ドライバーをインストール

To install the driver, copy the driver JAR and .lic file, located in the installation folder, into the ODI userlib directory:

On Unix: ~/.odi/oracledi/userlib On Windows: %APPDATA%\Roaming\odi\oracledi\userlib

Restart ODI to complete the installation.

モデルのリバースエンジニアリング

Reverse engineering the model retrieves metadata about the driver's relational view of SFTP data.After reverse engineering, you can query real-time SFTP data and create mappings based on SFTP tables.

  1. In ODI, connect to your repository and click New -> Model and Topology Objects.
  2. On the Model screen of the resulting dialog, enter the following information:
    • Name:Enter SFTP.
    • Technology:Select Generic SQL.
    • Logical Schema:Enter SFTP.
    • Context:Select Global.
  3. On the Data Server screen of the resulting dialog, enter the following information:
    • Name:Enter SFTP.
    • Driver List:Select Oracle JDBC Driver.
    • Driver:Enter cdata.jdbc.sftp.SFTPDriver
    • URL:Enter the JDBC URL containing the connection string.

      FTP は、SFTP プロトコルを使用してSFTP サーバーとの間のファイル転送を行います。接続するにはRemoteHost を指定します。FTP はUser、Password、および公開鍵認証(SSHClientCert)を使用します。 SSHAuthMode を選択し、選択に基づいて接続値を指定します。

      次の接続プロパティを設定し、ファイルシステムのリレーショナルビューをコントロールします。

      • RemotePath: 現在の作業ディレクトリに設定。
      • TableDepth: ビューとしてレポートするサブフォルダの深度を制御するために設定。
      • FileRetrievalDepth: ファイルを再帰的に取得し、Root テーブルにリストするために設定。
      ストアドプロシージャは、ファイル、のダウンロード、アップロード、およびプロトコルコマンドの送信に利用できます。SQL を使用してサーバーと対話する方法の詳細については、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。

      ビルトイン接続文字列デザイナー

      For assistance in constructing the JDBC URL, use the connection string designer built into the SFTP JDBC Driver.Either double-click the JAR file or execute the jar file from the command-line.

      java -jar cdata.jdbc.sftp.jar

      Fill in the connection properties and copy the connection string to the clipboard.

      Below is a typical connection string:

      jdbc:sftp:RemoteHost=MyFTPServer;
  4. On the Physical Schema screen, enter the following information:
    • Schema (Schema):Enter SFTP.
    • Schema (Work Schema):Enter SFTP.
  5. In the opened model click Reverse Engineer to retrieve the metadata for SFTP tables.

SFTP Data を編集して保存

After reverse engineering you can now work with SFTP data in ODI. To edit and save SFTP data, expand the Models accordion in the Designer navigator, right-click a table, and click Data.Click Refresh to pick up any changes to the data.Click Save Changes when you are finished making changes.

ETL プロジェクトを作成

Follow the steps below to create an ETL from SFTP.You will load MyDirectory entities into the sample data warehouse included in the ODI Getting Started VM.

  1. Open SQL Developer and connect to your Oracle database.Right-click the node for your database in the Connections pane and click new SQL Worksheet.

    Alternatively you can use SQLPlus.From a command prompt enter the following:

    sqlplus / as sysdba
  2. Enter the following query to create a new target table in the sample data warehouse, which is in the ODI_DEMO schema.The following query defines a few columns that match the MyDirectory table in SFTP: CREATE TABLE ODI_DEMO.TRG_MYDIRECTORY (FILENAME NUMBER(20,0),Filesize VARCHAR2(255));
  3. In ODI expand the Models accordion in the Designer navigator and double-click the Sales Administration node in the ODI_DEMO folder.The model is opened in the Model Editor.
  4. Click Reverse Engineer.The TRG_MYDIRECTORY table is added to the model.
  5. Right-click the Mappings node in your project and click New Mapping.Enter a name for the mapping and clear the Create Empty Dataset option.The Mapping Editor is displayed.
  6. Drag the TRG_MYDIRECTORY table from the Sales Administration model onto the mapping.
  7. Drag the MyDirectory table from the SFTP model onto the mapping.
  8. Click the source connector point and drag to the target connector point.The Attribute Matching dialog is displayed.For this example, use the default options.The target expressions are then displayed in the properties for the target columns.
  9. Open the Physical tab of the Mapping Editor and click MYDIRECTORY_AP in TARGET_GROUP.
  10. In the MYDIRECTORY_AP properties, select LKM SQL to SQL (Built-In) on the Loading Knowledge Module tab.

You can then run the mapping to load SFTP data into Oracle.

 
 
ダウンロード