製品情報をご覧ください

製品情報や無償評価版を製品ページにてご確認いただけます。

製品ページへ

SFTP Data にSQL を使ってAnypoint からデータ連携

CData Mule Connector for SFTP を使って、SFTP data のJSON エンドポイントを作成するシンプルなMule アプリケーションを作成。

CData Mule Connector for SFTP は、SFTP data をMule アプリケーションから標準SQL でのread、write、update、およびdeleteを可能にします。コネクタを使うことで、Mule アプリケーションでSFTP data のバックアップ、変換、レポート、および分析を簡単に行えます。

This article demonstrates how to use the CData Mule Connector for SFTP inside of a Mule project to create a Web interface for SFTP data. The application created allows you to request SFTP data using an HTTP request and have the results returned as JSON. The exact same procedure outlined below can be used with any CData Mule Connector to create a Web interface for the 220+ available data sources.

  1. Create a new Mule Project in Anypoint Studio.
  2. Add an HTTP Connector to the Message Flow.
  3. Configure the address for the HTTP Connector.
  4. Add a CData SFTP Connector to the same flow, after the HTTP Connector.
  5. Create a new Connection (or edit an existing one) and configure the properties to connect to SFTP (see below). Once the connection is configured, click Test Connection to ensure the connectivity to SFTP.

    FTP は、SFTP プロトコルを使用してSFTP サーバーとの間のファイル転送を行います。接続するにはRemoteHost を指定します。FTP はUser、Password、および公開鍵認証(SSHClientCert)を使用します。 SSHAuthMode を選択し、選択に基づいて接続値を指定します。

    次の接続プロパティを設定し、ファイルシステムのリレーショナルビューをコントロールします。

    • RemotePath: 現在の作業ディレクトリに設定。
    • TableDepth: ビューとしてレポートするサブフォルダの深度を制御するために設定。
    • FileRetrievalDepth: ファイルを再帰的に取得し、Root テーブルにリストするために設定。
    ストアドプロシージャは、ファイル、のダウンロード、アップロード、およびプロトコルコマンドの送信に利用できます。SQL を使用してサーバーと対話する方法の詳細については、ヘルプドキュメントの「データモデル」を参照してください。

  6. Configure the CData SFTP Connector.
    1. Set the Operation to 'Select with Streaming'.
    2. Set the Query type to Dynamic.
    3. Set the SQL query to SELECT * FROM #[message.inboundProperties.'http.query.params'.get('table')] to parse the URL parameter table and use it as the target of the SELECT query. You can customize the query further by referencing other potential URL parameters.
  7. Add a Transform Message Component to the flow.
    1. Map the Payload from the input to the Map in the output.
    2. Set the Output script to the following to convert the payload to JSON:
      %dw 1.0
      %output application/json
      ---
      payload
              
  8. To view your SFTP data, navigate to the address you configured for the HTTP Connector (localhost:8081 by default) and pass a table name as the table URL parameter: http://localhost:8081?table=MyDirectory
    The MyDirectory data is available as JSON in your Web browser and any other tools capable of consuming JSON endpoints.

At this point, you have a simple Web interface for working with SFTP data (as JSON data) in custom apps and a wide variety of BI, reporting, and ETL tools. Download a free, 30 day trial of the Mule Connector for SFTP and see the CData difference in your Mule Applications today.

 
 
ダウンロード