今すぐお試しください!

製品の詳細CData ADO.NET Provider for Apache Spark を確認して、無償評価版をダウンロード:

今すぐダウンロード

PowerBuilder からSpark データに接続してみた

この記事ではCData ADO.NET Provider for Spark を使ってPowerBuilder からSpark にアクセスする方法を説明します。

CData ADO.NET providers は、PowerBuilder を含むMicrosoft .NET をサポートするあらゆるプラットフォームまたは開発テクノロジーから使用できる、使いやすい標準準拠のデータプロバイダーです。 この記事では、CData ADO.NET Provider for Spark をPowerBuilder で使う方法について説明します。

CData ADO.NET Provider for Spark を使ってデータを取得し読み書きを実行する基本的なPowerBuilder アプリケーションを作成する方法について説明します。

  1. 新規WPF Window Application ソリューションで、接続プロパティに必要なすべてのビジュアルコントロールを追加します。一般的な接続文字列は次のとおりです:

    Server=127.0.0.1;

    SparkSQL への接続

    SparkSQL への接続を確立するには以下を指定します。

    • Server:SparkSQL をホストするサーバーのホスト名またはIP アドレスに設定。
    • Port:SparkSQL インスタンスへの接続用のポートに設定。
    • TransportMode:SparkSQL サーバーとの通信に使用するトランスポートモード。有効な入力値は、BINARY およびHTTP です。デフォルトではBINARY が選択されます。
    • AuthScheme:使用される認証スキーム。有効な入力値はPLAIN、LDAP、NOSASL、およびKERBEROS です。デフォルトではPLAIN が選択されます。

    Databricks への接続

    Databricks クラスターに接続するには、以下の説明に従ってプロパティを設定します。Note:The needed values can be found in your Databricks instance by navigating to 'Clusters', selecting the desired cluster, and selecting the JDBC/ODBC tab under 'Advanced Options'.

    • Server:Set to the Server Hostname of your Databricks cluster.
    • Port:443
    • TransportMode:HTTP
    • HTTPPath:Set to the HTTP Path of your Databricks cluster.
    • UseSSL:True
    • AuthScheme:PLAIN
    • User:'token' に設定。
    • Password:Set to your personal access token (value can be obtained by navigating to the User Settings page of your Databricks instance and selecting the Access Tokens tab).

  2. .NET コントロールからDataGrid コントロールを追加します。
  3. DataGrid コントロールのカラムを設定します。Account テーブルからいくつかのカラムを以下に示します: <DataGrid AutoGenerateColumns="False" Margin="13,249,12,14" Name="datagrid1" TabIndex="70" ItemsSource="{Binding}"> <DataGrid.Columns> <DataGridTextColumn x:Name="idColumn" Binding="{Binding Path=Id}" Header="Id" Width="SizeToHeader" /> <DataGridTextColumn x:Name="nameColumn" Binding="{Binding Path=City}" Header="City" Width="SizeToHeader" /> ... </DataGrid.Columns> </DataGrid>
  4. CData ADO.NET Provider for Spark アセンブリへの参照を追加します。

DataGrid 接続

ビジュアルエレメントが設定されたら、Connection、Command、およびDataAdapter のような標準のADO.NET オブジェクトを使ってSQL クエリの結果をDataTable に表示することができます:

System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLConnection conn conn = create System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLConnection(connectionString) System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLCommand comm comm = create System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLCommand(command, conn) System.Data.DataTable table table = create System.Data.DataTable System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLDataAdapter dataAdapter dataAdapter = create System.Data.CData.SparkSQL.SparkSQLDataAdapter(comm) dataAdapter.Fill(table) datagrid1.ItemsSource=table.DefaultView

上のコードは、指定したクエリからDataGrid にデータをバインドできます。

 
 
ダウンロード