MySQL のFederated Table としてSQL Server データを連携利用する

詳細情報をご希望ですか?

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

SQL Server ODBC Driver

ODBC 接続をサポートする任意のアプリケーションからMicrosoft SQL Server 互換データベースに接続します。

ODBC ドライバーを使用すると、カレントおよびレガシーバージョンのMS SQL との広範な互換性により、標準のJava Database 接続経由でSQL Server にダイレクトモードでアクセスできます。SSL、Kerberos、Integrated Security などを介したセキュアなSQL 接続および認証をサポートします。



SQL Gateway とODBC Driver を使ってSQL Server のMySQL Federated Table を構築する。

SQL Gateway を使って、MySQL リモーティングサービスを作成し、SQL Server のMySQL Federated Table を構築できます。CData ODBC Driver for SQL Server のMySQL インターフェースのdeamon になります。サービス起動後、MySQL のFEDERATED ストレージエンジンを使ってサーバーおよびテーブルを作成します。SQL Server data をMySQL テーブルのように使いましょう。

SQL Server データへの接続

If you have not already done so, provide values for the required connection properties in the data source name (DSN). You can use the built-in Microsoft ODBC Data Source Administrator to configure the DSN. This is also the last step of the driver installation. See the "Getting Started" chapter in the help documentation for a guide to using the Microsoft ODBC Data Source Administrator to create and configure a DSN.

Microsoft SQL Server への接続

Microsoft SQL Server への接続には以下を入力します:

  • Server: SQL Server が稼働するサーバー名。
  • User: SQL Server に接続するユーザー名。
  • Password: 接続するユーザーのパスワード。
  • Database: SQL Server データベース名。

Azure SQL Server およびAzure Data Warehouse への接続

Azure SQL Server およびAzure Data Warehouse には以下の接続プロパティを入力して接続します:

  • Server: Azure 上のサーバー。Azure ポータルの「SQL databases」(もしくは「SQL data warehouses」)-> データベースを選択 -> 「Overview」-> 「Server name」で確認が可能です。
  • User: Azure に認証するユーザー名。
  • Password: 認証するユーザーのパスワード。
  • Database: Azure ポータルでSQL databases (or SQL warehouses) ページに表示されるデータベース名。

SQL Gateway の設定

See the SQL Gateway Overview to set up connectivity to SQL Server data as a virtual MySQL database. You will configure a MySQL remoting service that listens for MySQL requests from clients. The service can be configured in the SQL Gateway UI.

SQL Server Data のFEDERATED サーバーおよびテーブルを作成

After you have configured and started the service, create a FEDERATED server to simplify the process of creating FEDERATED tables:

FEDERATED サーバーの作成

The following statement will create a FEDERATED server based on the ODBC Driver for SQL Server. Note that the username and password of the FEDERATED server must match a user account you defined on the Users tab of the SQL Gateway.

CREATE SERVER fedSQL
FOREIGN DATA WRAPPER mysql
OPTIONS (USER 'sql_gateway_user', PASSWORD 'sql_gateway_passwd', HOST 'sql_gateway_host', PORT ####, DATABASE 'CData SQL Sys');

FEDERATED テーブルの作成

To create a FEDERATED table using our newly created server, use the CONNECTION keyword and pass the name of the FEDERATED server and the remote table (Orders). Refer to the following template for the statement to create a FEDERATED table:

CREATE TABLE fed_orders (
  ...,
  shipname  TYPE(LEN),
  freight  TYPE(LEN),
  ...,
)
ENGINE=FEDERATED
DEFAULT CHARSET=latin1
CONNECTION='fedSQL/orders';

NOTE: The table schema for the FEDERATED table must match the remote table schema exactly. You can always connect directly to the MySQL remoting service using any MySQL client and run a SHOW CREATE TABLE query to get the table schema.

クエリの実行

You can now execute queries to the SQL Server FEDERATED tables from any tool that can connect to MySQL, which is particularly useful if you need to JOIN data from a local table with data from SQL Server. Refer to the following example:

SELECT 
  fed_orders.shipname, 
  local_table.custom_field 
FROM 
  local_table 
JOIN 
  fed_orders 
ON 
  local_table.foreign_shipname = fed_orders.shipname;