製品をチェック

無償トライアル:

ダウンロードへ

製品の詳細情報へ:

Square ODBC Driver

Square ODBC Driver は、ODBC 接続をサポートするさまざまなアプリケーションからSquare のリアルタイムデータ連携を実現するパワフルなツールです.

標準のODBC ドライバーインターフェースを通じて、Square のTransactions、Items、Subscriptions、etc. にアクセスします。

データ連携でお困りですか?

お問い合わせ

クラウドネイティブRPA Automation 360™ でSquare データを連携利用


クラウドネイティブRPA Automation 360™ と Square ODBC Driver を使ってノーコードでSquare 連携Bot を作成。


ODBC



Automation 360™ は Automation Anywhere 社が提供するクラウドネイティブなRPA プラットフォームです。従来のRPA と同様にエージェントはデスクトップにインストールされて動くのですが、ワークフローの作成、エージェントの管理や配布、オーケストレーションをクラウドサービス上で実施できるようになっています。

また、RPA としての基本的な機能のほかに、さまざまなアプリケーションやローカルファイル・サービスなどに接続することが可能なAction が一つの特徴となっています。その中に、データベースにODBC 経由で接続できるAction が含まれており、CData ODBC Driver と組み合わせることで、CData が対応しているさまざまなデータソースとノーコードで連携ができるようになります。

この記事では、Automation 360™ と CData ODBC Driver を使って、Square に連携するBot を作成します。

Square データへの接続

  1. まずODBN DSN に必要な接続プロパティの値を入力します。 組み込みのMicrosoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を構成できます。 これは、ドライバーのインストール時の最後のステップでも可能です。 Microsoft ODBC データソースアドミニストレーターを使用してDSN を作成および設定する方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」の章を参照してください。

    Square OAuth 認証標準を使用します。OAuth を使用して認証するには、Square にアプリを登録してOAuthClientId、OAuthClientSecret、CallbackURL を入手します。OAuth の使用方法については、ヘルプドキュメントの「はじめに」セクションをご覧ください。

    追加でLocationId を指定する必要がある場合があります。Locations テーブルをクエリすることでLocations のId を取得できます。または、クエリの検索項目にLocationId を設定することもできます。

  2. 入力後、接続テストが成功すれば設定は完了です。

Automation 360™ で Bot を作成する

それでは Automation 360™ で Bot を作成していきましょう。

  1. Home 画面にログインし「Create a bot」をクリックします。
  2. 任意のBot 名を入力して、「Create & edit」をクリックします。

Automation 360™ でSquare へのDB 接続を構成する

続いて Automation 360™ でODBC への接続構成を行います。

  1. ODBC 接続は主に「Database」のAction を使って構成していきます。
  2. Database 接続では最初に「Connect」Action を使って接続を確立する必要があります。「Connect」Actionをドラッグアンドドロップで配置しましょう。
  3. 「Connect」Action では「Connection mode」を「Default」に変更し、「Connection string」でODBC の接続情報を指定します。これでConnection の構成は完了です。

Square のデータをAutomation 360™ で扱う

Connection の構成が完了したら、実際にデータを読み取るAction を設定しましょう。

  1. ODBC 経由でデータを読み取るために「Read from」Actionを配置します。
  2. 「Read from」Action では「Enter SELECT Statement」に対してSQL を入力して、データを取得することができます。
  3. また、今回は最終的にCSV ファイルとしてデータを吐き出すので「Export data to CSV」のチェックボックスにチェックを入れて、ローカルファイルとして出力されるように構成しました。
  4. 最後に作成した接続情報を破棄するために「Disconnect」を配置しましょう。

作成したBot の動作を確認する

それでは作成したBot を実際に動かしてみましょう。

  1. Bot は画面上にある「Run」で手動実行が可能です。
  2. 開始すると以下のようにDesktop のBot Agent にシナリオが共有され、処理が行われます。
  3. 正常に処理が完了すると、次のようにメッセージが表示されます。
  4. 指定したCSV ファイルを参照してみたところ、正常にSquare のデータを元にしたCSV ファイルが生成されていました。